【検索広告】自動入札タイプの追加など機能改善のお知らせ

English translation

更新履歴

2021年4月7日:本件の実施を完了しました。

2021年3月31日:実施日を再変更しました。
(変更前)未定
(変更後)2021年4月7日(水)

2021年1月12日:実施日を再変更しました。
(変更前)2021年1月13日(水)
(変更後)未定

2020年12月16日:実施日を再変更しました。
(変更前)2020年12月15日(火)
(変更後)2021年1月13日(水)

2020年12月4日:実施日について変更しました。
(変更前)2020年12月9日(水)
(変更後)2020年12月15日(火)

対象サービス

Yahoo!広告 検索広告

実施日

2021年4月7日(水)

概要

検索広告の自動入札機能について、以下の機能改善を行いました。

自動入札タイプ「ページ最上部掲載」の追加

自動入札タイプに「ページ最上部掲載」を追加します。「ページ最上部掲載」では、目標とする割合で検索結果のページ最上部に広告が表示されるよう自動的に入札価格を調整します。
インターネットユーザーの目に留まりやすいページ最上部に一定の割合で広告を掲載し、認知度を上げたい場合などに適した自動入札タイプです。
なお、ページ最上部以外に「ページ上部」「任意の位置」の選択も可能です。

自動入札タイプ「広告費用対効果の目標値」の設定条件について

自動入札タイプ「広告費用対効果の目標値」を設定するための条件のうち、コンバージョン数に関する以下の条件について取り扱いが変更になります。

コンバージョン数に関する条件:
設定するキャンペーンにおいて、過去30日間にコンバージョン数が15件以上発生していること

(変更前)
設定条件を全て満たしていないと、キャンペーン設定時にエラーが出て設定完了できない。

(変更後)
設定条件のうち、コンバージョン数に関する条件を満たしていなくても、その他の条件をクリアしていればキャンペーン設定は保存可能。ただし、入札方法は「手動入札:個別クリック単価」が設定される。

なお、一度設定を完了した後の以下の流れについては、これまでの仕様と変更はありません。

自動入札タイプ「広告費用対効果の目標値」の設定完了後にコンバージョン数に関する条件を満たさなくなった場合は、入札方法が「手動入札:個別クリック単価」に変更され、自動入札は行われない。

自動入札タイプ「広告費用対効果の目標値」の設定条件についての詳細は、以下のヘルプを参照してください。
自動入札タイプ別の設定条件について

補足

上記の自動入札の機能改善に伴い、キャンペーン一覧画面の表示項目「コンバージョン自動入札設定可否」を廃止しました。
キャンペーンの入札方法は、表示項目「入札方法」や「自動入札名」などでご確認ください。


[Search Ads] Enhancement of Auto bidding

Updates

April 7, 2021: Released the enhancement.

March 31, 2021: Postponed the release schedule.
(Before) To be determined
(After) April 7, 2021

January 12, 2021 : Postponed the release schedule.
(Before)January 13, 2021 (Wed)
(After) To be determined

December 16, 2020 : Postponed the release schedule.
(Before) December 15, 2020 (Tue)
(After) January 13, 2021 (Wed)

December 4, 2020 : The planned release date has been rescheduled.
(Before) December 9, 2020 (Wed)
(After) December 15, 2020 (Tue)

Product

Yahoo! JAPAN Ads Search Ads

Effective date

April 7, 2021

Overview

We have released the following feature enhancement on Autobidding of Search Ads.

Auto bidding type “Absolute top of the page”

The new type “Absolute top of the page” will be added to Autobidding. “Absolute top of the page” will automatically adjust your bid so that your ad appears at the top of the search results page at the rate you want.
This auto bidding type is suitable when you want to raise awareness by placing ads at some rate at the absolute top of the pages to be easily noticed by internet users.
In addition to the absolute top of the page, you can also select “Top” or “Anywhere” of the pages.

Auto bidding type “Target ROAS” conditions

Of the conditions for setting the auto bidding type “Target ROAS”, the following conditions regarding the number of conversions will change.

Conditions regarding conversions:
In the campaign you set, 15 or more conversions have counted in the last 30 days

(Before)
If all the setting conditions do not meet, an error will occur when setting the campaign and cannot complete the setting.

(After)
Of the setting conditions, even if the conditions related to the number of conversions do not meet, you can save the campaign settings if other conditions meet. However, “Manual bidding: Individual CPC” is set as the bidding method.

There are no changes to the specifications of the following flow after completing the settings once.

If the conditions regarding the number of conversions no longer meet after the automatic bidding type “Target ROAS” is set, the bidding method will change to “Manual bid: Individual CPC” and autobidding will not perform.

Refer to the following help for details on the setting conditions of the auto biding type “Target ROAS”.
Requirements for auto bidding settings

Remarks

With the improvement of the preceding autobidding feature, the item “Conv Auto Bid” on the campaign list view will end.
Please check the items such as “Bidding” and “Auto Bidding Name” for the bidding method of the campaign.