【ディスプレイ広告】データインポート機能追加のお知らせ

English translation

更新履歴

2020年9月24日:本件の実施を完了しました。ヘルプへのリンク、補足の内容などを追加しました。
2020年9月14日:本記事の掲載を開始しました。

対象サービス

ディスプレイ広告
※広告管理ツールの新画面のみで提供します。

提供開始日

2020年9月23日(水)

概要

ディスプレイ広告の広告管理ツールから、お客様が保有している顧客データをインポートできるようになりました。
インポートしたデータは、Yahoo! JAPANの登録データと照合し、カスタムリストとして広告配信に利用できます。
本機能の利用により、既存の顧客や資料請求などを行った興味関心の高いユーザーへの配信が可能となります。
また、自社サイトへの訪問がないユーザーへもアプローチできます。

インポートできる顧客データは以下のとおりです。

  • アプリ用広告識別子(IDFAまたはAAID)
  • メールアドレス ※ハッシュ化が必要です。

データのインポートはディスプレイ広告の新画面からのみ可能です。
なお、インポートしたデータで作成したターゲットリストは、ディスプレイ広告(YDN)のキャンペーンでも利用できます。
詳しくは以下の資料、およびヘルプを参照してください。
・資料
データインポート機能について
・ヘルプ
データをインポートしてカスタムリストを作成する  

補足

  • メールアドレスをインポートする際は、事前にハッシュ化を実施してください。
    ハッシュ化されていないメールアドレスはインポートできません。
    ハッシュ化を実施する際にはソルト値が必要になります。ソルト値については以下の専用フォームから申請をお願いします。
    専用フォーム
    なお、メールアドレスのハッシュ化についてはYahoo! JAPANのサポート対象外です。ご了承ください。
  • アプリ用広告識別子(IDFA、AAID)をインポートする際は、その時点で対象の顧客がオプトアウトしていないことを確認してください。
    オプトアウトしていた場合は、過去に取得したアプリ用広告識別子であってもインポートしないでください。

[Display Ads] Data importing feature enhancement

Updates

September 24, 2020: This change has released as scheduled. Added the help page on Reference.
September 14, 2020: Announced the change schedule.

Product

Display Ads
*This enhancement will become available on the new Campaign Management Tool only.

Schedule

September 23, 2020 (Wed)
*The schedule may change without prior notice.

Overview

Importing customer’s data that you stored will become available on the Campaign Management Tool of Display Ads.
You can use the imported data for ad delivery as a target list (custom) after matching the data stored on Yahoo! JAPAN.
By using this new function, it is possible to deliver ads to existing customers and users with high interest who have requested materials. You can also approach users who haven’t visited your website.

The customer data that can be imported are as follows.

  • Ad identifier for App (IDFA or AAID)
  • Email address *Hashing is required.

Data can only be imported from the screen of the new Campaign Management Tool of Display Ads. Also note that the target list created by the imported data can be used on campaigns of Display Ads (YDN).

Please refer to the following document and help page for further details.
-Document (PDF)
Data importing
-Help page
Import data and create custom list

Remarks

  • When importing email addresses, you need hashing before importing. You can’t import the email address not hashed.
    before importing. You can’t import the email address not hashed.
    A salt value is required when performing hashing.
    Please apply for the salt value from the following dedicated form.
    Request form
    (You can find the English translation after the Japanese text.)

    *Our support is unavailable for hashing email addresses.
  • When importing Ad identifier for app, make sure your customers aren’t opting out at that time.
    If opted out, please do not import even the ad identifier for app that you obtained in the past.