【ディスプレイ広告】販売制限の変更について

English translation

更新履歴

  • 2020年6月15日:本件の実施を完了しました。
    また、YDN・運用型共通の掲載制限について、一部広告タイプを追加しました。詳細は広告ガイドライン「掲載制限・販売制限について」でご確認ください。
  • 2020年5月14日:本記事の掲載を開始しました。

対象サービス

  • ディスプレイ広告(運用型)
  • ディスプレイ広告(YDN)

実施日

2020年6月15日(月)

概要

ディスプレイ広告の一部商品で設定している「販売制限」を、「掲載制限」に変更しました。また、対象となるカテゴリーも一部変更しました。

掲載制限とは、掲載面単位で制限対象となる商品・サービスのカテゴリーを設定することで、広告の掲載を制限する機能です。

従来の販売制限では、制限対象となる商品・サービスのカテゴリーで広告を入稿した場合、カテゴリー自体を理由として審査で否認していました。
掲載制限では、カテゴリーに対する審査否認がなく、掲載面によって対象となるカテゴリーが設定されます。このため、従来は審査で否認されていたカテゴリーの広告でも、掲載面によっては掲載可能となる場合があります。

掲載制限に変更したキャンペーン目的や広告商品などは、以下のとおりです。

  • 運用型
    -商品リスト訴求
    -PCブランドパネル(静止画)
    -PCブランドパネル(動画)
    -PCブランドパネル(動的ディスプレイ広告)
    ※インフィード枠に配信される「レスポンシブ(動画)」は販売制限が撤廃され、かつ掲載制限の対象外となります。
  • YDN
    -動的ディスプレイ広告
    -PCブランドパネル(静止画)
    -PCブランドパネル(動画)
    -PCブランドパネル(動的ディスプレイ広告)
    ※動画広告は販売制限が撤廃され、かつ掲載制限の対象外となります。

広告商品や広告タイプによって、掲載制限のカテゴリーは異なります。またカテゴリーによっては、掲載制限によりインプレッションが減少する場合があります。詳細は以下でご確認ください。
広告ガイドライン 掲載制限・販売制限について

注意事項

  • 今回の変更に伴う広告の再審査はありません。実施日以降は、掲載制限が適用されます。
  • 動的ディスプレイ広告(運用型の場合はキャンペーン目的が「商品リスト訴求」)では、商品リストから制限対象となるカテゴリーのアイテムを除外 してください。商品リストに制限対象となるアイテムが含まれていると、広告を掲載できない場合があります。
  • PCブランドパネル(動的ディスプレイ広告)は、一部のお客様にのみ提供しています。

[Display Ads] Sales Restriction changes

Update

  • June 15, 2020: This change has completed.
    One ad type has been added to this sales restriction for both of Display Ads (YDN/Auction).Please make sure on the guideline page “Ad placement restrictions and Sales restrictions
  • May 14, 2020: Announced the change schedule.

Product

  • Display Ads (Auction)
  • Display Ads (YDN)

Schedule

June 15, 2020 (Mon)

Overview

“Sales restrictions” applied to some products of Display Ads changed to “ad placement restrictions.” Some of categories to be restricted also changed.

“Ad placement restrictions” works to specify available ads by setting restricted categories of products and services on each ad product and ad placement.

Before the change, the ads created for products and services of restricted categories have been rejected because of the category itself.
After the change to “Ad placement restrictions”, categories will not be rejected on editorial review. Advertisers will choose categories to be object for each ad product and ad placement. Therefore the ads of categories rejected on the editorial review in the past may become available depending on the ad products and placements.

This change was applied to the following campaign goals and ad products.

  • Display Ads (Auction)
    -Item list promotion
    -PC Brand Panel (Image)
    -PC Brand Panel (Video)
    -PC Brand Panel (Dynamic Ads for Display)
    * For “Responsive (video)” on In-Feed placement, the former “sales restrictions” will be abolished, and it will become out of scope of “ad placement restrictions.”
  • YDN
    -Dynamic Ads for Display
    -PC Brand Panel (Image)
    -PC Brand Panel (Video)
    -PC Brand Panel (Dynamic Ads for Display)
    * For Video Ads, the former “sales restrictions” will be abolished, and it will become out of scope of “ad placement restrictions.”

Restricted categories vary with ad products and ad types. Please note that impressions may decrease depending on categories because of “ad placement restrictions.” Please refer to the following guideline page for further details.
Ad placement restrictions and Sales restrictions

Precautions

  • There will be no re-doing of editorial review for the ads due to this change. Ad placement restrictions will apply after the effective date.
  • If you are using Dynamic Ads for Display or “Item list promotion” campaigns in Display Ads (Auction), remove the items of the restricted categories from your Item list. If your Item list includes some items under restrictions, your ads may not be delivered.
  • “PC Brand Panel (Dynamic Ads for Display)” is available only for limited advertisers.