【YDN】動的ディスプレイ広告と動画広告の機能改善について

English translation

更新履歴

  • 2019年12月4日:本件の実施を完了しました。また、商品リストの商品数拡大について追加しました。
  • 2019年11月6日:記事の掲載を開始しました。

対象サービス

Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)

実施日

2019年12月4日(水)

動的ディスプレイ広告の機能改善

YDNの動的ディスプレイ広告について、以下の機能を変更しました。

キャンペーンバナーの追加

ロゴや商品画像と交代で、キャンペーンバナーとして設定した画像を表示できる機能です。キャンペーンバナーの表示中のみ、リンク先URLを変更することも可能です。通常の商品やサービスの情報と並行して、期間限定のセールなどの訴求が可能になります。


表示例 ロゴと交代でキャンペーンバナーを表示


表示例 ローテーションバナー中にキャンペーンバナーを表示

商品リストの変更

商品リストの項目追加

商品リストに以下の任意入力項目を追加しました。これにより、広告配信におけるターゲティングの精度向上が期待できます。

  • 入荷予定日
  • JANコード
  • 製品番号
  • ブランド名
  • 商品カテゴリー
  • Googleのカテゴリ分類
  • 年齢層
  • 性別
  • 地域
  • 売上順位


商品リストの一部項目の変更、削除

以下の項目の変更、削除を実施しました。この変更に伴い、「最終リンク先URL」は入力必須となります。

変更前 変更後
リンク先URL トラッキングURL
※トラッキング用URLは、デバイスを問わずこの項目に入力します。
スマートフォン用最終リンク先URL スマートフォン向けURL
在庫情報 在庫状況
※入力する値も変更します。
スマートフォン用リンク先URL ※項目を削除します。

商品数の上限を引き上げ

商品リスト内の商品数の上限について、従来の最大10万件から、最大30万件に引き上げました。
さらに多くの商品やサービスへの対応が可能です。

商品リストのテンプレートの変更

従来のテンプレートでも引き続きインポートは可能ですが、2020年6月ごろをめどに新しいテンプレートのみに対応する予定です。
お客様にはお手数をおかけしますが、実施日以降に商品リストをインポートする際は、新しいテンプレートの利用をご検討ください。

トラッキング機能の拡充

商品リストのURL項目で、トラッキング用パラメータの設定が可能になりました。これにより、多彩な効果測定が可能となります。
※利用可能なトラッキング用パラメータの詳細は、以下のヘルプを参照してください。
 トラッキング用パラメータについて

動的ディスプレイ広告の利用について

動的ディスプレイ広告は、一部のお客様のみに提供している広告掲載方式です。
広告管理ツールの「ツール」タブ内に「商品リスト管理」のメニューが表示されないお客様は、利用できません。詳しくは以下のヘルプを参照してください。
動的ディスプレイ広告について

動的ディスプレイ広告の入稿手順は、以下の手順書もご参照ください。
https://s.yimg.jp/images/promotionaladsedit/pdf/191204YDNDADstepguide.pdf

視聴ビーコンURLの名称変更

動画広告に設置可能な視聴ビーコンURLの名称を、以下のとおり変更しました。

変更前:視聴ビーコンURL(課金発生)
変更後:視聴ビーコンURL(10秒視聴)

テンプレート上での状態は、以下を参照してください。



上記の変更に伴い、以下の各ファイル内でも項目名が変更されます。

  • YDNのインポート用テンプレート
  • 広告管理ツールからのダウンロードファイル
  • 操作履歴ファイル

実施日以降にインポートを行う場合は、新しいインポート用テンプレートをご利用ください。


[YDN] Enhancement on YDN Dynamic Ads for Display and Video Ads

Update

  • December 4, 2019: The change has completed as scheduled.
  • November 6, 2019: Announced this release.

Product

Yahoo! JAPAN Display Ad Network (YDN)

Schedule

December 4, 2019 (Wed) JST

Enhancement on Dynamic Ads for Display

Following changes were made on Dynamic Ads for Display for YDN.

Campaign banner feature

Displaying an image set for the campaign banner, logo and product image alternately became available. While displaying the campaign banner, Destination URL is changeable. You can appeal your common products and service information in parallel with information about the limited time sale.


Sample image 1: Displaying campaign banner and logo alternately


Sample image 2: Displaying campaign banner during rotation banner

Item List feature

New items on Item List

Following optional items were added on Item List. You can expect to improve targeting accuracy on advertising by using these new items.

  • Availability Date
  • GTIN
  • MPN
  • Brand
  • Product Type
  • Google Product Category
  • Age Group
  • Gender Group
  • Location
  • Sales Rank


Changing and removing existing items on Item List

Following items were changed or removed. After this change, “Landing Page URL” became a required item.

Before After
Destination URL Tracking URL
*You need to enter the your URL for tracking on this item regardless of devices.
In Stock Availability
* Values to be entered changes also.
Smartphone Destination URL *This item will be removed.

Changing Item List template

In around June 2020, the existing template that is available now will be closed.
Please consider using the latest template to import Item list.

Tracking feature enhancement

Tracking parameter setting became available on the following items of Item List. You will be able to track campaign performance more varied than before.
*Please refer to the help page for details on tracking feature.

Dynamic Ads for Display

Dynamic Ads for Display is an ad distribution type provided only for some customers.
This feature is available on [Tools] tab > [Item List] menu on the Campaign Management Tool. Learn more on the following help page for details.
What is Dynamic Ads for Display

Renaming Viewing Beacon URL

Viewing beacon URL that is available to set on Video Ads was renamed.

Before: Viewing Beacon URL (paid)
After: Viewing Beacon URL (10 seconds)

With this change, some items in the following file were renamed.

  • YDN import template
  • Download file from the Campaign Management Tool
  • Operation History file

Use the latest import template after the effective date of these change.