【スポンサードサーチ・YDN】自動タグ設定の一斉変更完了

English translation

対象サービス

  • スポンサードサーチ
  • Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)
  • 実施期間

    2019年6月27日(木)から2019年7月5日(金)
    ※日程は延長される場合があります。

    概要

    スポンサードサーチおよびYahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)で提供中の「自動タグ設定機能」について、「オフ」に設定されていたすべてのアカウントの設定を「オン(設定する)」に一斉変更しました。
    ※6月27日以前に「オフ(2019年6月27日以降もオフを継続)」に設定していたアカウントは、対象外です。
    ※6月27日以降に作成されたアカウントは対象外です。

    また、自動タグ設定の一斉変更に伴い、広告管理ツール上の表示を以下のとおり変更しました。
    ※Yahoo!プロモーション広告APIの項目に変更はありません。

    変更前

  • 自動タグ設定を行っている場合:「オン」
  • 自動タグ設定を行っていない場合:「オフ」
  • 変更後

  • 自動タグ設定を行っている場合:「設定する」
  • 自動タグ設定を行っていない場合:「設定しない」
  • 自動タグ設定の設定状況の確認について

    自動タグ設定機能の設定状況は、広告管理ツールのアカウント一覧、またはアカウント設定情報で確認できます。
    アカウント一覧画面で設定状況を確認する際に「自動タグ設定」欄が表示されていない場合は、「表示項目」ボタンを押して表示項目を追加してください。

    アカウント設定情報での確認手順は、以下のヘルプの手順1から手順3を参照してください。
    アカウント設定情報の変更

    補足

    • 「自動タグ設定」とは、Yahoo!プロモーション広告を利用するにあたり、各社ブラウザーのセキュリティ機能強化の影響をなるべく受けずに、コンバージョン測定を正しく計測するために必要な設定の1つです。
      弊社では、より正確なコンバージョン測定を行っていただくため、自動タグ設定を「オン」にすることを推奨しております。
      自動タグ設定が「オン」の場合、インターネットユーザーが当該アカウント配下の広告をクリックすると、最初に遷移するURLに「YCLID」パラメータ(「yclid=xxxxxxxxx」)が付与されます。このパラメータはクリック識別情報として、コンバージョン測定の補完機能に利用されます。
    • より正確なコンバージョン測定を行っていただくには、自動タグ設定を「オン」に設定し、ウェブサイトの全ページにサイトジェネラルタグを設置する必要があります。詳細は、以下のページを参照してください。
      コンバージョン測定の補完機能について

    [Sponsored Search] [YDN]
       Completed: change settings of Auto-tagging

    Product

  • Sponsored Search
  • Yahoo! JAPAN Display Ad Network (YDN)
  • Implementation schedule

    June 27 (Thu) - July 5, 2019 (Fri) JST
    * The schedule may extend.

    Overview

    A change was made to Auto-tagging setting of Sponsored Search and Yahoo! JAPAN Display Ad Network (YDN), all Auto-tagging became “On” at once.
    * Accounts that changed the setting to “Off (continue after June 27, 2019)” are out of scope of this change.
    * Accounts created after June 27 are out of scope of this change.

    Due to the concurrent setting change, the following On/Off status labels have been revised.
    * There is no change on API services.

    Before

  • Auto-tagging is set : On
  • Auto-tagging is not set : Off
  • After

  • Auto-tagging is set : Set
  • Auto-tagging is not set : Do not Set
  • How to check the setting status

    You can check the Auto-tagging setting on Account list or Account settings of the Campaign Management Tool.
    On Account list, click [Items Displayed] button to show the “Auto-tagging setting” item when it is not visible.

    Refer steps 1-3 on the following help topic to check settings from Account settings.
    Change Account Settings

    Remarks

    “Auto-tagging” is one of the settings required when using Yahoo! JAPAN Promotional Ads. “Auto-tagging” tracks conversions correctly avoiding the impacts of security enhancements on each browser.
    We recommend setting the Auto-tagging “On” to track conversions as correct as possible.
    When Auto-tagging is “On,” a “YCLID” parameter (“yclid=xxxxxxxxx”) is added to the URL of the landing page that an internet user visits initially after clicking the ad created under your account. This parameter is used as click identification, as a complementary feature of conversion analytics. To track conversions correctly, you need to set the Auto-tagging “On” and install the Site General Tag to all pages of your website. Learn more on following help page.
    Complementary feature for Conversion Analytics