【スポンサードサーチ】広告文への商標の使用制限 正式提供開始のお知らせ

English translation

対象サービス

スポンサードサーチ

正式提供開始日

2019年5月15日(水)

概要

スポンサードサーチにおいて、商標権者が自社のブランド毀損を防ぐために広告文での商標の使用を制限する申請をおこなった場合に第三者による商標の使用を制限する取り組みについて、正式提供を開始しました。

  • 商標権者が、広告文での商標の使用を制限する場合は、当該商標の商標権者、もしくは商標権者が認めた代理人からの申請が可能です。
    商標権者による商標の使用制限の申請手順、および申請フォームのリンクは、こちらのヘルプページをご参照ください。
  • 商標の使用制限に該当し掲載されない広告がある場合は、広告管理ツールで確認できます。当該広告には、広告一覧画面の表示項目「制限ステータス」に「制限あり」と表示されます。
    なお、「制限ステータス」は、初期設定では一覧に表示されません。広告一覧画面中央の「表示」を押し「表示項目の編集」画面にて「制限ステータス」にチェックを入れてください。
    広告管理ツールでの確認手順の詳細は、こちらのヘルプページをご参照ください。
  • 使用制限に該当する広告について、広告文には使用が制限されている商標と同じ語句が含まれているが、商標そのものへの言及ではなく、商標の使用意図が商標権者のものと異なる場合は、使用を制限された第三者は広告管理ツールの新規広告の作成画面から再判定の申請が可能です。
    詳細はこちらのヘルプページをご参照ください。

ご注意

  • 本取り組みは、弊社が商標権の侵害の有無を判断するもの、商標権者と該当の広告主との間の権利許諾などに関する仲裁を行うものではありません。また、申請によって、商標の使用を制限することをお約束するものでもありません。弊社が使用を制限しないと判断した場合、その理由についてはお答えできかねますのでご了承ください。
  • 商標権者が申請する際は、専門家などに相談の上、法的リスクなどを十分にご検討ください。申請によって第三者の使用を制限することでトラブルなどが発生しても、弊社は一切の責任を負いません。 ご自身の責任において十分ご注意のうえ申請を行ってください。
  • 商標の使用を制限した後も、継続的に制限状況を確認し、総合的な判断をした上で、制限を解除する可能性があります。制限を解除した場合、その理由についてはお答えできかねますのでご了承ください。

[Sponsored Search] Trademark restriction started

Product:

Sponsored Search

Starting date:

May 15, 2019 (Wed) JST

Overview:

To protect the brand, trademark use in ad texts by third party can be restricted with a request of the trademark owner. This request is for Sponsored Search and open to all advertisers now.

  • If ads are suspended by trademark restriction, these ads are listed on UI. Check ad list for ads that have “Restricted” in “Restriction status.”
    For your information, “Restriction status” is not displayed as a default. Click [Display] at the center of ad list, then click [Edit Items Displayed] to select “Restriction status.”
    Learn more on following help page.
    How to check on ad list
  • If the ad contains identical term with the restricted trademark that is used with different purpose (not referring to the trademark), you can request re-examination on Create Ad screen on the UI.
    Learn more on following help page.
    Use the trademark with different purpose

Note:

  • With this procedure, Yahoo! JAPAN is not to judge the infringement of the trademark rights, nor mediate/support the process of the copyright of trademarks between the trademark owner and corresponding advertiser. In addition, this request does not promise the restriction of trademark. When we confirm not to restrict the use of the trademark, the reason will not be disclosed.
  • Carefully consider your legal risk with a specialist when requesting the restriction. We will bear no responsibility if any trouble occurs by restricting the trademark use by a third party with this request. Be sure to make a request with thorough consideration under your own responsibility.
  • The restricted use may be removed under continuous monitoring and general judgement on restriction status. When we invalidate the restriction, the reason will not be disclosed.