【スポンサードサーチ】広告文への商標の使用制限 試験提供開始のお知らせ

対象サービス

スポンサードサーチ

対応開始日

2019年2月13日(水)

概要

スポンサードサーチにおいて、商標権者が自社のブランド毀損を防ぐために広告文での商標の使用を制限する申請をおこなった場合、第三者による商標の使用を制限する取り組みの試験提供を開始しました。

広告文に使用制限に該当する商標を含む広告は、配信停止または新規作成が不可となり掲載されません。引き続き広告掲載を希望する場合は、該当の商標を使用せずに広告を作成してください。

なお、試験提供期間中は、商標の使用制限の申請は一部の広告主様への限定提供ですが、申請による商標の使用制限対象は、全広告主様となります。

広告管理ツール上の変更点

広告一覧画面に表示項目「制限ステータス」が追加されました。
商標の使用制限に該当し掲載されない広告は、「制限ステータス」に「制限あり」と表示されます。
なお、「制限ステータス」は、初期設定では一覧に表示されません。広告一覧画面中央の「表示」を押し「表示項目の編集」画面にて「制限ステータス」にチェックを入れてください。

※項目「配信状況」にも商標の使用制限に関するステータスが表示されますが、審査状況による表示が優先される場合があります。

商標の使用意図が異なる場合

広告文には使用が制限されている商標と同じ語句が含まれているが、商標そのものへの言及ではなく、商標の使用意図が商標権者のものと異なる場合は、広告管理ツールの新規広告の作成画面から再判定の申請が可能です。

広告文への商標の使用制限について、および再判定の申請についての詳しい内容は以下のヘルプページをご参照ください。
広告文への商標の使用制限について