【YDN】ターゲットリスト(カスタム)の利用範囲拡大について

更新履歴

2018年11月8日:本件の実施の完了に伴いお知らせ内容を更新しました。
2018年11月1日:Yahoo!DMP以外のデータ連携ツールに関する補足を追加しました。

対象サービス

Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)

実施日

2018年11月7日(水)

概要

  • 一部のお客様のみ利用可能だったターゲットリスト(カスタム)の利用範囲を拡大し、すべてのお客様にご利用いただけるようになりました。
    ターゲットリスト(カスタム)を利用すると、広告主様が独自で蓄積、分析をして作成したユーザーのリスト(カスタムリスト)をYahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)へ連携でき、カスタムリストを対象としたYDN広告の配信が可能になります。
  • Yahoo! DMP以外の一部ツールでも、YDNへのカスタムリストのデータ連携が可能になります。

詳細はヘルプページ「カスタムリストを連携してターゲティングを行う」をご覧ください。

補足

  • カスタムリストをYDNへデータ連携するには、データ連携ツールの導入が必要です。
    本変更であらたにYDNとのデータ連携が可能になるツールについては、お客様サポートセンターまでお問い合わせください。
    お問い合わせ先一覧
    ※Yahoo!DMP以外のデータ連携ツールの場合、YDNに連携できるのはアプリユーザーのカスタムリストのみです。
  • データ連携ツールの設定方法や詳細な仕様についてはYahoo! JAPANのサポート対象外です。ツール提供企業までお問い合わせください。
  • 本メールにてお知らせした機能をキャンペーンエディターで利用する場合は、キャンペーンエディターを最新版にアップデートしてください。
    アップデートは、キャンペーンエディターを一度終了しあらたに起動することで実行できます。