【スポンサードサーチ】ラベル機能の追加

更新履歴

2018年9月5日(水)本機能の追加が完了しました。

対象サービス

スポンサードサーチ

提供開始日

2018年9月5日(水)

概要

ラベル機能とは、スポンサードサーチのキャンペーンや広告などの入稿物に任意の語句を目印(ラベル)として設定し、分類やフィルタリングを容易にする機能です。

ラベルの作成では、任意の語句の入力に加えて、好みの色を選択できます。ラベルごとに色を変更すると、広告管理ツールなどの一覧画面で、ラベルを設定した入稿物を判別しやすくなります。 複数のラベルの一括設定、および複数の入稿物に対するラベルの一括設定も可能です。

ラベルを設定できる入稿物は、以下のとおりです。

  • キャンペーン
  • 広告グループ
  • 広告
  • キーワード

ラベルを設定した一覧や作成画面は、下図をご参照ください。

キャンペーン一覧画面で、ラベル設定済みのキャンペーンを表示した状態

ラベルの作成画面

また、ラベル機能の追加に伴い、以下のパフォーマンスレポートの表示項目にラベルを追加します。

  • キャンペーンレポート
  • 広告グループレポート
  • 広告レポート
  • キーワードレポート

注意事項

  • ラベルの作成上限数は、1アカウントにつき1,000件です。
  • 1つの入稿物には、最大50件のラベルを設定できます。
  • ラベルは各入稿物に個別で設定します。また、上位や下位の入稿物に設定した場合も、影響は受けません。
    例:
    キャンペーンと配下の広告にラベルを設定する
    →キャンペーンと広告に対して、個別にラベルを設定します。キャンペーン配下の広告グループへの影響はありません。

補足

  • ラベル機能は、広告管理ツールとキャンペーンエディターの両方で利用できます。詳しい使い方は、提供開始時に公開するヘルプでご確認ください。
    Yahoo!プロモーション広告ヘルプ
  • スポンサードサーチAPIでは、次期バージョンアップでラベル機能に対応する予定です。詳細は追ってお知らせいたします。
  • 現在提供中のウォッチリスト機能は、2018年11月中に提供を終了する予定です。実施日以降はラベル機能をご利用ください。
    ウォッチリスト機能の提供終了日は、詳細が決まり次第お知らせいたします。