【スポンサードサーチ】コンバージョン測定における設定済みの値の一部変更について

対象サービス

スポンサードサーチ

実施期間(予定)

 2018年9月5日(水)~9月11日(火)
 ※日程は変更になる場合があります。

概要

スポンサードサーチのコンバージョン測定における「デバイスをまたいだコンバージョンの測定」で設定済みの一部の値を、以下のとおり変更します。

対象

「デバイスをまたいだコンバージョンの測定」が「しない」に設定されたコンバージョン測定

変更点

「デバイスをまたいだコンバージョンの測定」を、「する」に変更します。

これにより、スポンサードサーチのコンバージョン測定における「デバイスをまたいだコンバージョンの測定」は、すべて「する」に設定されます。

※スポンサードサーチAPIでは、ConversionTrackerServiceにおける「CrossDeviceConversionFlag」の値に「FALSE」が設定されている場合、「TRUE」に変更されます。

変更の対象となるのは、「ウェブページ」と「電話発信」のコンバージョン測定です。 「アプリ」(アプリダウンロード用広告)のコンバージョン測定への変更はありません。

ご注意

上記変更により、パフォーマンスデータにおけるコンバージョン数などの数値が変動する場合があります。実施期間後にご確認のうえ、必要に応じて「1コンバージョンあたりの価値」や「入札価格」などをご調整ください。

補足

  • 今回の変更はシステム側で一括して実施するため、操作履歴には出力されません。各コンバージョン測定で実施が完了しているかは、実施期間後に、これまで「デバイスをまたいだコンバージョンの測定」を「しない」に設定していたコンバージョン測定でご確認ください。
  • コンバージョン測定とは、広告をクリックしてサイトを訪問したユーザーが、商品の購入や資料請求など何らかの成果となる行動を実施したかを測定する機能です。広告をクリックして表示されるウェブサイトに、専用のタグを設置して測定します。詳しくは以下のヘルプをご参照ください。