【Twitter広告】Twitter広告の機能改善について

実施日

2018年4月18日(水)

概要

Twitter広告において、以下の機能追加・改善を実施いたしました。

「ビデオウェブサイトカード」の追加

キャンペーンの目的が「ウェブサイトのクリックまたはコンバージョン」のキャンペーンで、「ビデオウェブサイトカード」を追加できるようになりました。
ビデオウェブサイトカードは、キャンペーン作成または編集画面で新規にカードを作成する際、「カードタイプ」欄で「ビデオウェブサイトカード」を選択することで追加可能です。
※「ビデオウェブサイトカード」の追加に伴い、実施日以前より設定可能だった「ウェブサイトカード」は、「イメージウェブサイトカード」に名称を変更いたしました。なお、イメージウェブサイトカードの機能はウェブサイトカードの機能から変更ありません。

ビデオウェブサイトカードで入稿可能な動画および設定項目は以下のとおりです。

ツイート本文 116文字
動画 形式 「MP4」
「MOV」
アスペクト比 16:9のみ
ファイルサイズ 100MBまで
タイトル 70文字以内
リンク先URL http:// または https:// から始まるURL

動画ファイルのアスペクト比に関する変更

Twitter広告で設定できる、動画ファイルのアスペクト比の仕様を以下のとおり変更しました。

  • キャンペーンの目的が「アプリのインストール数またはアプリの利用率」のキャンペーンについて、カードタイプが「ビデオアプリカード」の場合、アスペクト比が1:1の動画が入稿できるようになりました。なお、アスペクト比16:9の動画も引き続き選択可能です。
  • キャンペーンの目的が「動画の再生数」のキャンペーンについて、アスペクト比が16:9以外の動画も入稿可能となりました。

利用する機能別に設定可能な、動画ファイルのアスペクト比は以下のとおりです。

機能 入稿可能な動画ファイルのアスペクト比
ビデオウェブサイトカード 16:9
ビデオアプリカード 16:9または1:1
キャンペーンの目的「動画の再生数」のキャンペーンで利用する場合 制限なし