【スポンサードサーチ】広告掲載フォーマット「拡大テキスト広告」追加の詳細について

実施日

2016年11月16日(水)

概要

スポンサードサーチにおいて、広告掲載フォーマット「拡大テキスト広告」を新しく追加しました。拡大テキスト広告を利用することで、既存のスポンサードサーチの広告よりも長いタイトルや説明文が設定でき、広告領域が広くなるため、インターネットユーザーに対してよりアピールすることが可能です。

掲載イメージ

対象

スポンサードサーチアカウントでキャンペーンタイプ「標準キャンペーン」内に作成した広告

広告掲載基準および入稿規定

広告掲載基準

Yahoo! JAPAN広告掲載基準に準じます。

入稿規定

拡大テキスト広告のタイトル、説明文、表示URL、最終リンク先URL、スマートフォン向けURLの文字数、カウント方法は以下のとおりです。

種別 文字数 カウント方法
タイトル1 ※1 30文字 全角および半角カナ:2文字
半角英数記号:1文字
タイトル2 ※1 30文字 全角および半角カナ:2文字
半角英数記号:1文字
説明文 80文字 全角および半角カナ:2文字
半角英数記号:1文字
表示URL ※2 自動生成  
表示URL
(ディレクトリ1、2) ※3
それぞれ半角15文字 全角および半角カナ:2文字
半角英数記号:1文字
最終リンク先URL 1024バイト ※4 半角1バイト
全角3バイト
スマートフォン向けURL
(任意項目)
1024バイト ※4 半角1バイト
全角3バイト

※1:広告掲載時は、タイトル1とタイトル2の間を「-(ハイフン)」でつないで表示されます。
※2:最終リンク先URLに設定したURLの「~.jp」「~.com」などの部分から自動で生成されます。最終リンク先URLが「http://www.example.co.jp」の場合、表示URL「example.co.jp」が自動生成され、広告配信時の表示URLは「example.co.jp」になります。
※3:自動生成された表示URLに対して、ディレクトリを2つまで任意で設定できます。任意の文字列を設定できるため、最終リンク先URLのページの内容をインターネットユーザーに分かりやすく伝えられます。なお、ディレクトリ2のみの設定はできません。ディレクトリ2を設定する場合は、ディレクトリ1の設定も必要です。 最終リンク先URLが「http://www.example.co.jp」、ディレクトリ1が「shopping」、ディレクトリ2が「mensfashion」の場合、表示URL「example.co.jp」が自動生成され、広告配信時の表示URLは「example.co.jp/shopping/mensfashion」になります。
※4:日本語URLを利用可能です。

なお、URLオプション(トラッキングURL、カスタムパラメータ)の文字数およびカウント方法は、現行の広告掲載フォーマット(アドバンスドURL形式)から変更ありません。
URLオプションの文字数およびカウント方法の詳細は、以下のページをご参照ください。
トラッキング情報の管理について(トラッキングURL、カスタムパラメータ)

最新のYahoo!プロモーション広告 入稿規定は、以下のページでご確認ください。
Yahoo!プロモーション広告入稿規定

入稿方法

広告作成画面にて、広告タイプ「拡大テキスト広告」を選択して作成します。

入稿方法の詳細は、以下のヘルプをご参照ください。
広告の作成 (PC・スマートフォン・タブレット用)

補足

  • 従来の広告掲載フォーマット「アドバンスドURL形式」の広告も、引き続き入稿可能です。
  • 広告掲載フォーマット「拡大テキスト広告」は、キャンペーンエディターでも入稿できます。