【スポンサードサーチ】キャンペーンエディター 機能改善のお知らせ

対象ツール

キャンペーンエディター

実施日

2016年9月1日(木)

概要

キャンペーンエディターの新バージョン(7.2.0)のリリースに伴い、以下の機能改善を実施しました。

機能追加について

Yahoo!プロモーション広告 広告管理ツールで提供中の以下機能について、キャンペーンエディターでの提供を開始しました。

  • 広告表示オプションの機能追加
    広告表示オプションに、「テキスト補足オプション」を追加しました。
  • 対象外キーワードの共有機能の提供
    キャンペーンまたは広告グループごとに設定している対象外キーワードを「対象外キーワードリスト」にまとめ、複数のキャンペーンで共有できるようになりました。
    ※従来通り、キャンペーンまたは広告グループに個別の対象外キーワードを設定することも可能です。
  • 広告表示の最適化の選択項目追加
    キャンペーン設定情報の「広告表示の最適化」に、「最適化して配信(コンバージョン率の高い広告を優先的に配信)」を追加しました。

従来のURL形式での入稿終了について

従来のURL形式での広告・キーワード・クイックリンクオプションの入稿対応を終了しました。今後はアドバンスドURL形式のみで入稿可能です。

備考

  • キャンペーンエディターは、スポンサードサーチの入稿情報をオフラインで編集して、広告管理ツールに編集内容を反映できる入稿支援ツールです。データの一括操作や、CSVで作成したインポートファイルを使った入稿が可能です。
    キャンペーンエディターは、パソコンにインストールして利用します。以下のページより、ダウンロードおよびインストールしてご利用ください。
    http://promotionalads.yahoo.co.jp/dr/yce/

  • 古いバージョンのキャンペーンエディターをご利用の場合は、キャンペーンエディターの起動時にアップデートのお知らせ画面が表示されます。画面の案内に従い、最新バージョンへのアップデートを実行してください。