【Twitter広告】動画広告の提供開始について

実施日

2016年8月17日(水)

概要

Twitter広告において、動画広告の提供を開始しました。本リリースにより、動画を含むツイートを作成しTwitterユーザーへ配信できます。追加された機能は以下の通りです。

キャンペーンの目的に「動画の再生数」を追加

キャンペーンの目的に、より多くの動画再生数の獲得を目的とする「動画の再生数」を追加しました。キャンペーンの目的「動画の再生数」では、アップロード済みの動画をツイートに設定できます。また、動画、GIF画像、Vine、Periscopeへのリンクを含む既存のツイートを選択可能です。

  • 課金方式は、動画が再生されるごとに課金されるビュー課金です。課金オプションとして以下の2つから選択できます。
    • 「50%の領域を2秒以上再生」
      動画の50%以上の領域を表示した状態で2秒以上再生された場合、またはユーザーが動画をクリックして拡大表示か、音声のミュート解除のいずれかを行った場合に課金されます。
    • 「100%の領域を3秒以上再生」
      動画の100%以上の領域を表示した状態で3秒以上再生された場合、またはユーザーが動画をクリックして拡大表示か、音声のミュート解除のいずれかを行った場合に課金されます。
  • 統計情報に、動画の再生数やCPV(Cost Per View)などの指標を追加します。

「50%の領域を2秒以上再生」を選択した場合に、1ビューとカウントされるタイミングのイメージ図

「100%の領域を3秒以上再生」を選択した場合に、1ビューとカウントされるタイミングのイメージ図

「ビデオアプリカード」機能を追加

キャンペーンの目的「アプリのインストール数またはアプリの利用率」において、アップロード済みの動画ファイルをツイートに設定可能な「ビデオアプリカード」を選択できるようになりました。

  • ビデオアプリカードとは、アプリダウンロードのためのApp Store/Google Playへのリンク付きの動画、またインストール済みの場合は「プレイ」などアプリの利用を促すためのボタンをツイートに追加できる機能です。
  • 本リリースに伴い、以下の既存機能についても名称を変更しました。
    • App Store/Google Playへのリンクをツイートに設定⇒ベーシックアプリカード
    • App Store/Google Playへのリンク付きの画像、「プレイ」など文言付きのボタンをツイートに設定⇒イメージアプリカード

ツールに「動画管理」画面を追加

ツールタブに「動画管理」画面を追加し、動画のアップロードや管理ができるようになりました。
動画管理では以下の機能を提供します。

  • 動画のアップロード
  • アップロード済み動画の動画名、動画の説明の編集
  • 動画のプレビュー

※アップロードできる動画ファイルの仕様

  • ファイル形式: MP4またはMOV
  • ファイルサイズ: 最大100MB
  • ビデオの長さ: 最長10分
  • ビデオコーデック: H.264(推奨)
  • オーディオコーデック: AAC LC(推奨)
  • 解像度:1080p / 720p(推奨)
  • アスペクト比:16:9(推奨)
  • フレームレート: 29.97FPSまたは30FPS(推奨)
  • ビットレート: 5,000k - 6,000k(推奨)