【スポンサードサーチ】スポンサードサーチの機能追加について

実施日

2016年8月3日(水)

概要

スポンサードサーチにおいて、以下の機能改善を実施いたしました。

広告表示オプションの機能追加

広告表示オプションに「テキスト補足オプション」を追加しました。

対象外キーワードの共有機能の提供

キャンペーンまたは広告グループごとに設定している対象外キーワードを「対象外キーワードリスト」にまとめ、複数のキャンペーンで共有できるようになりました。
※従来通り、キャンペーンまたは広告グループに個別の対象外キーワードを設定することも可能です。

レポート機能の拡張

パフォーマンスレポートにおいて以下の機能拡張を実施しました。

  1. キーワードレポート:以下の表示項目を追加しました。
    • インプレッションシェア
    • 完全一致のインプレッションシェア
    • インプレッション損失率
    • 最大CPM
  2. 検索クエリーレポート:以下の表示項目を追加しました。
    • キーワード
  3. 地域別レポート:23区分割で表示し、以下の表示項目を追加しました。
    • 市・区・郡
  4. パフォーマンスレポート全般:レポートを作成する際、レポートに含める内容を「全て」または「インプレッションが発生していない情報を除く」のいずれかから選択可能です。
    ※ただし、以下のレポートは除く。
    • 検索クエリーレポート
    • 最終リンク先URLレポート
    • 地域別レポート

広告表示の最適化の選択項目追加

キャンペーン設定情報の「広告表示の最適化」に以下の選択項目を追加しました。

  • 最適化して配信(コンバージョン率の高い広告を優先的に配信)

自動入札設定の機能追加

自動入札設定「クリック数の最大化」で「目標予算」を設定できるようになりました。