【スポンサードサーチ】「アドバンスドURLシステム」への移行機能の提供開始

機能提供開始日

2016年6月29日(水)

概要

従来のURL形式の広告・キーワード・クイックリンク(以下、入稿内容と表記)を、広告管理ツール上でアドバンスドURL形式へ移行できる機能について提供開始しました。

移行機能には、「一括移行」と「URL一括編集」の2種類があります。詳細は以下をご覧ください。

これから移行作業に着手するお客様は、まず一括移行をお試しください。移行結果や状況に応じて、URL一括編集のご利用もご検討ください。

一括移行

広告グループやキャンペーンを指定して、配下の入稿内容を一括で移行する機能です。多くの場合、一括移行のみで移行作業を完了できます。


移行するキャンペーンまたは広告グループを選択して、[一括移行]ボタンを押し、表示されるメニューで「移行処理を設定する」を選択します。


設定画面では、移行対象の選択や、表示URLの編集が可能です。

URL一括編集

移行する入稿内容を指定して、個別に必要なURLやパラメータ等を入力しながら移行する機能です。

一括移行で移行完了できなかった入稿内容の対応や、トラッキングツール等で効果測定している場合、スマートフォン向けサイトの広告に注力している場合などに適しています。


移行する入稿内容を選んで、[URL一括編集]ボタンを押します。


設定画面では、入稿内容ごとに表示URLや最終リンク先URLなどを編集できます。

アドバンスドURL形式への移行に関する詳細は、アドバンスドURLシステム特設サイトをご確認ください。

<アドバンスドURLシステム特設サイト>

特設サイトでは、移行作業の詳細の確認や、移行手順書のダウンロードが可能です。パソコンからの閲覧をおすすめします。

備考

  • 従来のURL形式による入稿は、2016年8月末で受け付けを終了します。また、従来のURL形式の入稿内容は、2016年10月より順次掲載を停止します。アドバンスドURL形式へ早めの移行をご検討ください。
  • 入稿内容の状況によって、移行に必要な作業が異なります。2016年6月30日(予定)より、広告管理ツール上部(スポンサードサーチ「キャンペーン管理」タブ)に、お客様のアカウントで推奨する移行方法が表示されます。ぜひご確認のうえ、移行手続きにお役立てください。
    ※お客様のアカウントで移行作業を必要としない場合、表示されないことがあります。