広告掲載基準変更のお知らせ

平素はYahoo!プロモーション広告をご利用いただき、誠にありがとうございます。

このたび、Yahoo! JAPAN広告掲載基準を一部変更いたします。適用開始日および変更箇所等を下記のとおりお知らせいたしますのでご確認ください。

今後ともYahoo!プロモーション広告をよろしくお願いいたします。

1. 適応開始日

2015年8月24日(月)

2. 変更される条項および内容:

変更点1

第2章 ユーザーの利便性のための基準

(変更前)
2. 広告の関連性について
クリエイティブから直接関係のないページへリンクすることはできません。また、スポンサードサーチなどユーザーの検索キーワードをきっかけに広告を表示するものについては、検索キーワードと広告の関連性も必要と考えています。そのため、以下のようなものをスポンサードサーチへ掲載することはできません。
(1) 検索キーワード、広告のタイトルまたは説明文とリンク先のページの関連性がないもの、関連性があっても低いもの
(2) 検索キーワードに関する商品やサービスについての案内が未完成であったり、掲載されていたとしても十分ではないもの
(3) リンク先のページが自社コンテンツではなく、第三者へのリンクやバナー広告の表示だけになっているもの

(変更後)
2. 広告の関連性について
クリエイティブから直接関係のないページへリンクすることはできません。また、アービトラージサイトなど、リンク先のページに自社コンテンツがほぼなく、第三者へのリンクや広告が多数表示されているページへリンクすることはできません。
スポンサードサーチなどユーザーの検索キーワードをきっかけに広告を表示するものについては、検索キーワードと広告の関連性も必要と考えています。そのため、以下のようなものをスポンサードサーチへ掲載することはできません。
(1) 検索キーワード、広告のタイトルまたは説明文とリンク先のページの関連性がないもの、関連性があっても低いもの (2) 検索キーワードに関する商品やサービスについての案内が未完成であったり、掲載されていたとしても十分ではないもの

変更点2

第9章 広告表現規制

(変更前)
2.アフィリエイトサイトの広告表現
成功報酬型広告契約またはアフィリエイト・プログラムに基づく場合、提携先サイトと誤認されないようにしてください。誤認される可能性のある広告表現の場合、必ずアフィリエイトサイトである旨を明記してください。バナー広告を用いる場合は「アフィリエイト広告」の文言を明記してください。

(変更後)
2.アフィリエイトサイトの広告表現
(1) 成功報酬型広告契約またはアフィリエイト・プログラムに基づく場合、提携先サイトと誤認されないようにしてください。誤認される可能性のある広告表現の場合、必ずアフィリエイトサイトである旨を明記してください。バナー広告を用いる場合は「アフィリエイト広告」の文言を明記してください。
(2) 訴求する商品名やサービス名がわかるものにしてください。

変更点3

第9章 広告表現規制

(変更前)
4. OSやブラウザ機能の模倣、Yahoo! JAPANのコンテンツと混同する可能性がある表現
以下のようなバナー広告は掲載できません。

(1) ユーザーの誤動作を誘発するおそれのあるもの

  1. 実際に機能しない検索窓やプルダウンなど

(2) Yahoo! JAPANのコンテンツを模したもの

  1. 「NEW!」「カメラ」のアイコンなど
  2. タイトルバーやタブを用いたカラムなど

(3) 広告領域が不明瞭なもの
透過効果を用いたものや複数カラムに分かれているように見えるものは、バナー広告全体を視認可能な実線で囲むこと

(変更後)
4. ユーザーに誤解を与えるような表現 以下のようなバナー広告は掲載できません。

(1) ユーザーの誤動作を誘発するおそれのあるもの

  1. 実際に機能しない検索窓やプルダウンなど

(2) Yahoo! JAPANのコンテンツを模したもの

  1. 「NEW!」「カメラ」のアイコンなど
  2. タイトルバーやタブを用いたカラムなど

(3) 広告領域が不明瞭なもの
透過効果を用いたものや複数カラムに分かれているように見えるものは、バナー広告全体を視認可能な実線で囲むこと

(4) 「公式」等の文言を用いてユーザーの意図しないサイトへ誘引するもの
(5) 官公庁、公的機関の広告であると誤解をあたえるおそれのあるもの

以上