広告掲載基準、および入稿規定変更のお知らせ

平素はYahoo!プロモーション広告をご利用いただき、誠にありがとうございます。

このたび、Yahoo! JAPAN広告掲載基準、およびプロモーション広告入稿規定を一部変更いたします。
適用開始日および変更箇所等を下記のとおりお知らせいたしますのでご確認ください。

1.適応開始日

2014年9月30日(火)
*日程は変更になる場合があります。

2.変更される条項

  • Yahoo! JAPAN広告掲載基準
    第2章 ユーザーの利便性のための基準
    第9章 広告表現規制
  • プロモーション広告入稿規定
    第10章 電話番号オプションを利用する際のルール

3.変更内容

Yahoo! JAPAN広告掲載基準 変更点1

第2章ユーザーの利便性のための基準
3. 重複掲載の禁止

<変更前>
スポンサードサーチ、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)において、当社が認めた広告を除き、同一ページに同じ広告を重複して掲載することはできません

<変更後>
当社が認めた広告を除き、同一ページに同じ広告を重複して掲載することはできません

Yahoo! JAPAN広告掲載基準 変更点2

第9章広告表現規制
4. OSやブラウザ機能の模倣、Yahoo! JAPANのコンテンツと混同する可能性がある表現【第2章6.(2)(3)関連】

<変更前>
以下のようなバナー広告は掲載できません。
(1) ユーザーの誤動作を誘発する可能性のある表現、OSやウェブブラウザの機能を模倣するもの

  1. アラートマーク、実際に機能しない「閉じる」「いいえ」「キャンセル」のボタン、検索窓、テキストボックス、プルダウンメニュー、ラジオボタン、チェックボックス、サブミットボタン、メニューボタンなど
  2. テキストリンクを模倣したもの(青文字でない場合も含む)

(2) Yahoo! JAPANのコンテンツと混同する可能性のある表現
「NEW」マーク、「めがね」マーク、Yahoo! JAPANコンテンツ内のカラムを模したものなど

<変更後>
以下のようなバナー広告は掲載できません。
(1) ユーザーの誤動作を誘発するおそれのあるもの

  1. 実際に機能しない検索窓やプルダウンなど

(2) Yahoo! JAPANのコンテンツを模したもの

  1. 「NEW!」「カメラ」のアイコンなど
  2. タイトルバーやタブを用いたカラムなど

Yahoo! JAPAN広告掲載基準 変更点3

第9章広告表現規制
5.ユーザーに不快感を与えるような表現【第2章6.(1)(4)(5)(6)関連】

<変更前>
以下のようなクリエイティブは掲載できません。
(1) 高速振動イメージ、点滅イメージ、単純ループなどを含むもの
原則として、点滅の間隔が0.4秒よりも短いもの、点滅/振動の継続時間が2秒を超えるもの、点滅/振動の領域がバナーの大部分を占めるもの、コントラストの強い画面の反転表示が継続するもの
(2) 人体の局部を強調した画像を使用したもの、人体のコンプレックス部分が露骨に表現されているもの
(3) 過度な肌露出があるもの、性に関する表現が露骨なもの
(4) その他ユーザーに不快感・嫌悪感を与える可能性のあるもの、著しく周りのコンテンツとなじまない表現

<変更後>
以下のようなクリエイティブは掲載できません。
(1) 高速で振動したり、点滅したり、単純な動作をするもの
(2) 人体の局部を強調した画像を使用したもの、人体のコンプレックス部分が露骨に表現されているもの
(3) 過度な肌露出があるもの、性に関する表現が露骨なもの
(4) 画質が粗いなど、周りのコンテンツと著しくなじまないもの
(5) 恐怖感や不安感を与えるおそれのあるもの
(6) その他ユーザーに不快感・嫌悪感を与えるおそれのある表現

プロモーション広告入稿規定変更点 変更点1

第10章 電話番号オプションを利用する際のルール

<変更前>
4. 営業時間内外にかかわらず、架電には確実に対応してください。対応ができない場合は、留守番電話メッセージを設定してください

<変更後>
4. 営業時間内外にかかわらず、架電には確実に対応してください。対応ができない場合は、主体がわかる留守番電話メッセージを設定してください。

以上