このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

新アルゴリズムで効果を最大化ディスプレイ広告(運用型)

より使いやすく、広告効果が発揮されやすいプラットフォームをめざします。新しいディスプレイ広告は配信目的にあわせてパフォーマンスを最大化されるようなアルゴリズムに変更し、より効果的な広告出稿を実現できます。

ディスプレイ広告(運用型)は、
2020年度にご利用いただける予定です。

Yahoo!ディスプレイアドネットワークは、
Yahoo!広告 ディスプレイ広告(運用型)に生まれ変わります。

ディスプレイ広告(運用型)は、広告出稿の目的(コンバージョン、動画再生、サイト誘導など)に合わせて、その効果を最大化する運用が可能となり、ユーザーの興味関心や購買意向に基づくターゲティング機能も活用できます。

新しくなったアルゴリズムで広告効果を最大化

ディスプレイ広告(運用型)は、広告効果が最大となるようなプラットフォームをめざします。これまでは、サイト誘導を中心に配信されていましたが、今後は広告主様に配信目的を設定していただくことで、目的に合わせた配信が可能になります。“コンバージョン数を最大化させたい” 場合は、「コンバージョン数」を “動画を再生させたい” なら「再生数」を最大化するようなロジックが加わります。予算の範囲内で設定した目的が最大になるように配信されますので、より効率的な広告運用が可能になります。

使いやすくなった広告管理ツール

より直観的に操作しやすく、シンプルな導線で運用しやすい管理画面にリニューアルします。

  • 実績データがグラフで理解しやすい

    画面上で、グラフ表示が可能となります。また、画面で2期間実績比較や直接ダウンロードもできるため、レポートを作成する手間が省け、運用効率の向上が見込めます。

  • キャンペーン作成から広告作成までを一画面で完結

    これまで複数画面での操作が必要だったキャンペーン作成から広告作成までが一画面で完結します。他画面に遷移することなくスムーズに入稿していただけます。

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード
本文はここまでです このページの先頭へ