近年スマートフォンユーザーは日々増加し、いまや私たちにとって日常生活に欠かせないツールになりました。これに伴い、スマートフォンアプリもBtoC 、BtoBサービスにかかわらず企業様と顧客をつなぐ重要なコミュニケーションチャネルとなっています。

Yahoo! MOBILE INSIGHT(ヤフーモバイルインサイト)は「アナリティクス(アプリ内分析)」「トラッキング(広告効果検証)」「オーディエンス(アプリ内のユーザーデータの抽出)」の主に3つの機能を提供しており、アプリリリース後の広告主様のマーケティングを支援するアプリ解析ツールです。 トラッキング機能では、スポンサードサーチやYDN、Twitter広告のアプリプロモーション効果 の可視化もできます。

【Yahoo! MOBILE INSIGHT ツール画面】


自社アプリにYahoo! MOBILE INSIGHTのSDKを組み込むだけで、簡単に上記3つの機能をご利用いただけますので、各機能のメリットをご紹介させていただきます。

自社アプリのユーザー属性や動向を確認・分析できる「アナリティクス」機能!

「アナリティクス」機能では新規ユーザー数や月間利用者数(MAU)、利用ユーザーの年齢・性別、またセッション時間・数やイベントなどのさまざまな視点で自社アプリのユーザー利用動向を確認・分析できます。

<分析できるデーターの一部>



また、アプリの「ログイン」や「購入」、「チュートリアル完了」などのイベントを設定することで、アプリ内ユーザーの行動を可視化し、サービス改善の検討材料として活用できます。

プロモーション効果をさまざまな視点から測定できる「トラッキング」機能!

「トラッキング」機能は、Yahoo! JAPANプロモーション広告のスポンサードサーチやYDN、Twitter広告に加え、さまざまなパートナーメディアの広告効果を測定・検証できる機能です。メディアごとのインストール数やクリック数、課金額などを把握し、 アプリプロモーションの広告効果、露出メディアを最適化できます!


その他の機能

  • コホート分析
    コホート分析を活用すれば、メディアごとのユーザーの継続率を確認可能。
  • ディープリンク
    広告クリックからアプリ内の特定のコンテンツへユーザーを導く ディープリンク機能により、休眠ユーザーの掘り起こしや再購入訴求にも便利。

詳細なユーザー分析やアプリ内のユーザーデーターを抽出できる「オーディエンス」機能!

オーディエンス機能を活用すればより詳細にに自社アプリユーザー動向・属性を詳細に把握することが可能です。たとえば、自社アプリユーザー内で「男性」かつ「課金」ユーザーなど、 複数項目を組み合わせレポート化できます。

また、上記のようなユーザーデーターを抽出し、プロモーションに再活用できます。「課金」ユーザーの類似拡張配信や休眠復帰など、顧客育成や離反抑止に最適なプロモーションを実施できます。

Yahoo! MOBILE INSIGHTの特長

  • 3つの機能で総合的にアプリマーケティングをサポート!
  • アナリティクス・トラッキング機能はどなたでも無料利用可能!
  • Yahoo! JAPANが提供している安心・安全なツール。もちろんサポートも充実!

Yahoo! MOBILE INSIGHT のお申込みにはYahoo! JAPANビジネスIDが必要です。 Yahoo!プロモーション広告でご利用のビジネスIDでもお申込み可能ですので、 導入して最適なアプリマーケティングを実施しましょう!
※Yahoo! JAPAN IDで体験できる「無料トライアル」も実施中!

お申込みまでの流れ
【初期編】Yahoo! MOBILE INSIGHTのはじめ方 -お申込みからSDKの導入まで-


お申込みはこちら
Yahoo! MOBILE INSIGHT 公式ページ
※公式ページ右上部のお申し込むボタンよりお申込み下さい。

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。