広告掲載を始めて3日目になりましたね。広告管理ツールでもクリック数などのデータが確認でき始めた方もいるのではないでしょうか。

今回は、広告管理ツールでチェックするべき項目について説明していきます。

広告掲載の目的を再確認しましょう

ユーザーが能動的に情報を検索することで配信されるスポンサードサーチは異なり、YDNはより多くのユーザーに情報を届けて潜在的なニーズに語りかけ、売上拡大につながる集客を目的とした広告です。



例えば、おもちゃ屋さんが道ばたに看板を出すとします。看板を置く道は、どこでも良いわけではありません。

“幼稚園に向かう道”を選びます。毎日通う道で看板を見ている子供たちはすぐにその商品を買いませんが、「誕生日プレゼントは何が欲しい?」と聞かれたら、看板のおもちゃをリクエストするかもしれませんし、休日に行きたいところを聞いたらそのおもちゃ屋さんの名前を挙げるかもしれません。 ユーザーの興味を惹く、記憶に残る広告を意識しましょう。

「YDN広告を掲載する」という行為は、この例でいう「看板を見てすぐにお店を訪問する」人を集客するだけでなく、「看板を出す」という認知啓蒙の役割もあわせ持っています。 看板(=広告)は、多ければ多いほどたくさんのユーザーの目に留まります。ただやみくもに出稿するのではなく、ターゲティング設定を利用してその商材に興味がありそうなユーザーの通る道に看板を立てることでクリックされやすくなります。

また、Yahoo!プロモーション広告はクリック課金制なので、どんなにたくさんのユーザーに見られてもクリックされるまでは無料です。大切なのは、すぐにクリックにつながらなくても、あせらずに出稿し続けることです。(その際、出稿し続けるだけではなく、前回お話した「広告運用をしながら」という点がポイントです。)

広告管理ツールでチェックするべきデータをおさえましょう



広告管理ツールには、広告の成果を表すさまざまな指標が出てきます。最初に覚えておきたい「インプレッション数」「クリック数」「クリック率」「コンバージョン数」について、先ほどの例を使って説明します。



インプレッション数 看板を見た人の数=広告が表示された回数
どれだけのユーザーにアプローチできたかを示す指標です。
まずはインプレッション数を上げていくことを目標にしましょう。
クリック数 看板を見て来店した人の数=表示された広告をクリックしてウェブサイトを訪問した回数
どれだけのユーザーをウェブサイトへ集客できたかを示す指標です。
広告の最大の役割はウェブサイトへ誘導することなので、クリック数は広告の成果を表す最も重要な数値です。
クリック率 看板を見た人のうち、来店した人の割合=広告が表示された回数のうち、クリックされた割合
どれだけクリックされやすい広告(クリエイティブ)であるかの目安となる指標で、クリック数をインプレッション数で割った数値です。
広告の出稿方法によっては、顕在顧客をターゲットとするスポンサードサーチと比較するとYDNではこの数値は低くなることもありますが、YDNは集客を目的とした看板やチラシのような役割も併せ持っていることをおさえておきましょう。
コンバージョン数 看板を見て来店して商品を購入した人の数=ウェブサイトを訪問して商品を購入した回数
コンバージョン測定を行うことで、サイトへの集客数とは別指標の広告の効果をはかることができます。
可能であれば、ぜひ設定をおすすめします。
※コンバージョン数を計測するにはコンバージョンタグの設置が必要です。
 >ウェブサイトのコンバージョン測定を新規設定する

まとめ

  • YDNの役割は「認知啓蒙・集客」です。まずは多くのユーザーにアプローチすることが大切です。
  • 「インプレッション数」「クリック数」など、基本的な用語を理解しましょう。

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。

記事カテゴリー

スマートデバイス

スマートフォン

プロモーション広告 商材・サービス

その他 ▼