検索広告との併用でユーザーの広告接触機会アップ!

検索広告は検索結果ページに広告を表示しますが、Yahoo! JAPANの各サービスページや提携パートナーサイト(※)などの「コンテンツページ」に広告を表示するのがディスプレイ広告です。検索広告は「今検索している」成約につながる可能性が高いユーザーにアプローチできる強みがあります。一方でディスプレイ広告(運用型)では、ユーザーの属性情報や「過去に閲覧したページ」「過去検索したキーワード」などの情報をもとに広告を表示するなど、商材に興味関心を持っている幅広い層をターゲットにできるのが強みです。

※ 提携パートナーサイト……提携先はこちらのページをご覧ください。

<例>旅行代理店A社が、格安ハワイツアーの集客を行う場合
※プロダクト名及び仕様は、記事作成時の内容となります。

つまり、検索広告とディスプレイ広告(運用型)を同時運用することで、今まで接触していなかった新規層への幅広いアプローチが可能になります。インターネットユーザーへの接触機会が増えるため、クリック数アップ、その結果CPC(クリック単価)の低下につながることも期待できます。

<ディスプレイ広告で実現する効果的なアプローチ>

ディスプレイ広告が初めての方におすすめ「サーチキーワードターゲティング」

ディスプレイ広告は前述のとおり、さまざまな仕組みを使って、広告の内容に興味がありそうなインターネットユーザーのみを配信対象とします。「どの方法で配信対象をひきあてるか」は広告主様が設定する必要があり、その設定のことを「ターゲティング」といいます。
各ターゲティングに特徴がありますが、「どれにすればよいかわからない」という方には、ずばり「サーチキーワードターゲティング」をお勧めします。サーチキーワードターゲティングを利用すると、インターネットユーザーの検索キーワードの履歴を使ってターゲティングが行われます。

サーチキーワードターゲティングをお勧めする理由は、主に以下の3つです。

  • ●Yahoo! JAPANが持っている膨大な検索データを活用して集客できる
  • ●検索広告で設定しているキーワードをそのまま設定に活かすことができる
  • ●検索した履歴があるユーザーは、そのキーワードのサービス・商材にとても感心の確度が高いお客様と言えます。検索した瞬間にクリックされなかったとしても、コンテンツページ閲覧中に広告を再び表示することで、認知・再認知してくれることを期待できます。

  • > 基礎から始めるディスプレイ講座:サーチキーワードターゲティング編

    いかがでしたでしょうか? これまでディスプレイ広告(運用型)の利用開始に二の足を踏んでいた方、ぜひこの機会にはじめて、効果を実感してみてください!

    学んだ内容を広告運用に活かしましょう

    スタッフが操作を無料でご案内します。
    お気軽にお問い合わせください。

    0120-559-703
    平日9:30~12:00、13:00~18:00
    (土日祝日お休み)

    ※注意事項
    掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
    例示している画面はイメージです。
    例示している組織・団体名、数字は架空のものです。