今回は、あらためて皆様に知っておいていただきたい「ディスプレイ広告(運用型)の強み」について触れてみたいと思います。この根本的な部分を理解しておくことで、今後のディスプレイ広告の活用におけるヒントになります。

デイスプレイ広告(運用型)でアプローチできるユーザー層は?

検索広告はYahoo! JAPANの検索結果画面で広告を掲載するのに対し、ディスプレイ広告は、Yahoo! JAPANの各サービスサイトや提携パートナーサイトの「コンテンツページ」に広告を掲載します。検索広告が、商品やサービスを探している最中のユーザー(顕在顧客)にアプローチできるのに対し、ディスプレイ広告はたとえば「ロングコートを購入したいけど、どこのお店の何を買うかは決めていない」といった潜在顧客も含めて幅広い層にアプローチできるのが強みです。

幅広い層にアプローチできるとはいえ、コンテンツページを訪問した全ユーザーに広告を表示するというわけではありません。広告主様が設定したターゲティングに基づいて、自社の商材に興味のありそうなユーザーにのみ広告を掲載できます。

では、ディスプレイ広告(運用型)で具体的にどういったユーザーへアプローチできるのかを見てみましょう。

<ディスプレイ広告で実現する効果的なアプローチ> 


【動画で見る】ディスプレイ広告(運用型)とは

検索広告との組み合わせでより効果を発揮

  • 幅広く潜在ユーザーにアプローチ可能
  • 画像や動画で魅力を具体的にアピールできる
  • 豊富なターゲティング機能
  • 料金はクリック課金
  • シンプルな管理画面
  • 設定した目的を最大化するように配信

広告出稿の目的(コンバージョン、動画再生、サイト誘導など)に合わせた運用が可能。 設定した目的に合わせて幅広い顧客層にアプローチできる点が最大の強みです。ユーザーの興味関心や購買意向に基づくターゲティング機能も活用し、効果を最大化しましょう。

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703
平日9:30~12:00、13:00~18:00
(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。