ディスプレイ広告(運用型)で効果を高めるために一番大切なことは何だと思われますか?

それは、広告掲載後に何もせずにサイトへのアクセスが増えることを待つのではなく、ご自身で「広告運用」を継続して行っていくことです。

よって、今回は、なぜ広告運用が必要なのか? その理由と、広告運用で実際に利用する広告管理ツールの画面構成について説明いたします。

広告運用とは?

インターネット広告には複数の種類がありますが、クリック課金型であるディスプレイ広告(運用型)は、「運用型広告」という種類に属します。運用型広告というのは、広告枠を買い切って広告を掲載するチラシやテレビCMなどとは異なり、掲載開始後にご自身で「広告運用」していくことで効果を上昇させていくものです。

具体的には、掲載結果を確認し、入札価格やクリエイティブ(広告)などの設定を調整しながら目標の成果に近づけていく「メンテナンス」を行っていきます。これにより、昨日より今日、今日より明日……と、出稿広告のクオリティーアップを狙っていきます。

掲載中の広告はたとえ今効果が出ていたとしても、他社の広告の動向やインターネットユーザーの検索傾向、季節など、周りの環境によって、常に成果が変動します。



たとえば、サーチキーワードターゲティングで「水着」というキーワードや関連の広告を夏に登録した場合、冬になってもそのままだったら集客は激減するでしょう。 こういった変化に常に対応し、集客数を最大化することが 広告運用の目的です。

ずっと継続していく必要があるため簡単なことではありませんが、一過性で終わらず、季節性やトレンドなどにあわせて柔軟に対応できるのが運用型広告のメリットです。また、メンテナンスによりサイトへのアクセスがアップしたり費用対効果が上がったりすることは、とてもやりがいがあり、面白さを感じていただけると思います!

広告管理ツールの画面構成

では、今後、実際に広告運用を行っていく広告管理ツールの画面構成について、確認しておきましょう。



各エリアで確認できること
  • (1) 表示中のアカウント配下にあるキャンペーン、広告グループがツリー構造で表示されます。表示内容の絞り込みや並び替えもできます。
  • (2) 現在表示中の入稿物に対する設定項目(入稿物、ターゲティング)が表示されます。
  • (3) 現在表示中の入稿物やアカウントの共通情報が表示されます。
  • (4) 現在表示中の入稿物の実績値がグラフ形式で表示されます。
  • (5) 現在表示中の入稿物の実績値や設定値が一覧で表示されます。
表示するキャンペーン、広告グループを選択する

グラフエリアや一覧の表示データを、特定の入稿物のみに絞り込む場合は、サイドメニューにてキャンペーン、広告グループを選択してください。

「表示」の「∨」をクリックすると、キャンペーン、広告グループともに以下の項目で「配信設定」を絞り込めます。

関連リンク

≫ 広告管理ツール 一覧画面の構成と操作について

まとめ

  • 「広告運用」とは、掲載結果を確認し、入札価格やクリエイティブ(広告)などの設定を調整しながら目標の成果に近づけていく「メンテナンス」です。メンテナンスをしっかり継続していくことでディスプレイ広告による集客効果を最大化していくことが、広告運用の狙いです。

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703
平日9:30~12:00、13:00~18:00
(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。