動画でみるディスプレイ広告(運用型)自動入札

自動入札のメリット

  • 運用コストの削減
  • 入札価格の管理工数の削減
  • ディスプレイ広告(運用型)では予測精度が向上

なぜ予測精度があがった?

自動入札を設定すると、インターネットユーザーおよび広告配信に関する情報を読み込んでコンバージョン率を予測し、入札価格を最適化します。 入札価格の最適化に利用される主な情報は以下のとおりです。

インターネットユーザーに関する情報 プレイスメント情報
年齢
性別
デバイス
興味・関心のあるカテゴリー
アクセス時間(週・時間帯)
地域
サイトへの訪問履歴
過去の検索キーワード
広告配信実績
広告配信に関する情報 広告タイプ
広告配信実績

▼ 自動入札とは

ポイント

アカウント構造について

    自動入札ではさまざまな情報を加味し総合的に最適化を行うため、利用される情報ごとにキャンペーンや広告グループを分割する必要はありません。例えば性別や年齢別で広告グループを分けて入札調整を行っている場合は、広告グループをまとめ、よりシンプルなアカウント構造での運用をおすすめします。

関連リンク

【セミナー動画】 ディスプレイ広告_自動入札機能の効果的な使い方
ディスプレイ広告(運用型)自動入札「よくある質問」「おさえておきたいポイント」
入札戦略について(ヘルプ)

Yahoo!広告に関して個別の電話サポートを実施しております

運用に関するご相談などお気軽にご相談ください。こちらからご連絡いたします。
「ご相談予約フォーム」からご連絡可能な日程をお知らせください。

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。