動画でみるディスプレイ広告オーディエンスカテゴリー

ディスプレイ広告(運用型)オーディエンスカテゴリーのメリット

インターネットユーザーやライフイベントを迎えたユーザーに向けて目的に沿った配信ができるため、少ない費用でも効率的な運用ができます。

カテゴリータイプ

  • 興味・関心
  •      特定の興味・関心を持つユーザーへのブランド認知を目的とした配信

  • 購買意向
  •      購買意欲の高いユーザーへの配信

  • 属性・ライフイベント<新規追加>
  •      属性やライフイベントを迎えるユーザーを指定した配信
          例)家族構成、個人年収、世帯年収、学歴、仕事の職種、結婚などのライフイベント など

         ≫オーディエンスカテゴリーターゲティング


ポイント

    1. 細かくカテゴリーを絞りすぎると配信数が大幅に減ってしまう可能性があるため、
      パフォーマンスレポートで実績値を確認してみましょう。

    2. パフォーマンスレポートでは、オーディエンスカテゴリーターゲティングの設定有無にかかわらず、オーディエンスカテゴリーごとの実績値が確認できます。どのようなオーディエンスに広告が配信され、クリックや動画再生が発生しているかを確認し、ターゲティング設定に活かしましょう。

    効果的なオーディエンスカテゴリーを選択するには

関連リンク

ヤフーのディスプレイ広告(運用型)とは?(YouTube)
90秒でわかるディスプレイ広告(運用型)の自動入札(YouTube)
ディスプレイ広告(運用型) オーディエンスカテゴリーターゲティング
オーディエンスカテゴリーターゲティング
ディスプレイ広告(運用型)

Yahoo!広告に関して個別の電話サポートを実施しております

運用に関するご相談などお気軽にご相談ください。こちらからご連絡いたします。
「ご相談予約フォーム」からご連絡可能な日程をお知らせください。

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。