キャンペーンエディターの大きな特徴のひとつは、Windows用のデスクトップアプリであるため、オフラインで作業ができるということ。Webブラウザー上で利用する広告管理ツールと比べ、動作が軽快でデスクトップ上で作業ができるので、多くのキーワードや広告をスムーズに入稿できます。キャンペーンエディターを利用すれば、運用担当者の作業時間の節約にもつながります。

「うちは広告会社ではないし、そんなに多くのキーワードや広告を扱わないから関係ないな」と思う運用担当者の方もいるでしょう。作業負荷を軽減できるということは、視点を変えると「これまで取り組めていなかった、キーワードのバリエーションを増やし、多くの広告文を使った施策にも挑戦できる」と考えることもできます。実は、スポンサードサーチで複数の広告を展開し、チューニングをかけていくことは、広告効果を最大化するためには欠かせないポイントなのです。

今回は、キャンペーンエディター活用施策の一例として「効果を高めるためにアカウント構造を改善して、入稿内容を登録する」ヒントをご紹介します。

広告効果を高めるための秘訣

スポンサードサーチの運用において、「効果が出にくいアカウント」と「効果を出やすいアカウント」は明確に存在します。まず、その差はどこにあるのかを整理し、効果を高めるためのアカウント構造の考え方を紹介します。

「効果が出にくいアカウント」と「効果が出やすいアカウント」の差とは

たとえば、文房具や事務用品を販売するECサイトが、同じ広告グループ内で複数の取扱商品に関するキーワードを登録していたとします。

効果が出にくいアカウント例: 同じ広告グループ内に複数の取扱商品に関連したキーワード群を登録

設定したキーワード群に対して「事務・OA用品の通販/即日発送」という広く訴求するような一般的な広告文が設定されていたとしましょう。広告文から事務用品を販売しているサイトであることはわかりますが、定規を購入したくて「定規 販売」と検索した人が、この広告文を閲覧した場合、このECサイトで定規が販売されているという確信は持てません。

広告文では、検索ユーザーに対して、定規を販売しているサイトであることをはっきりと伝える必要があります。さらに、ユーザーの欲している情報と広告訴求が合致していない場合、クリック自体されない可能性もあります。

「検索キーワード」=「ユーザーのニーズ」ととらえ、そのニーズに対して適切な内容とリンク先を広告文として表示できるアカウント構造にすれば、より効果を高めることが可能になるはずです。

このケースであれば、「定規 販売」という検索キーワードで表示される広告なら、広告文で定規の訴求をしていて、広告をクリックした先のコンテンツ(ランディングページ)でユーザーの欲している情報が掲載されていれば、ユーザーにとって有益な情報といえます。

検索キーワードに込められた検索ユーザーの意図(ニーズ)に沿った広告とランディングページにする必要がある

キーワードのグルーピングや広告文とリンク先URLを検索ユーザーのニーズに沿うよう、広告グループを細分化したアカウント構造にすること。非常にシンプルで当たり前のことですが、その後、運用し、効果を高めていくためにはとても大切なことです。

細かく分けて設計したアカウント登録内容をどうやれば簡単に設定できるか

このような方針で準備したキーワードや広告文をスポンサードサーチのアカウントに入稿します。しかし、登録内容が多くなればなるほど広告管理ツールに手動で一つずつ設定していくには時間がかかり、運用担当者にとっては大きな負担となります。

CSVファイルでの一括インポート機能※を使えば作業を簡略化できますが、CSV上のデータ制作やインポート時にミスが発生することもあり、初心者にはハードルが高い場合もあります。また、これまでのアカウント構造の整理においても広告管理ツールからでなくキャンペーンエディターを利用すれば快適に作業ができます。

※一括インポート機能は、一定の基準を満たしている広告主様に限り利用できます。

『スポンサードサーチで広告効果を上げたい。でも、アカウントの設定にあまり時間がかけられない。CSVのインポートもハードルが高い。だから、本当にやりたい施策を泣く泣くあきらめて、できる範囲の施策で妥協せざるを得ない。』

『もっと、訴求内容に合致した、たくさんの広告文を試して効果の高いものに絞り込みたいけど、これ以上の数を増やすと運用しきれない。』

このような課題を解決してくれるのが「キャンペーンエディター」です。

キャンペーンエディターのツール画面。メニューバー、アカウントツリー、データエリア、設定タブ、エラーチェック結果、審査否認理由で構成されている

「この機能がおススメ! キャンペーンエディターの注目ポイント」に続く

※この記事は、Web担当者Forumで公開されている「Yahoo!マーケティングソリューション コーナー」の記事を、株式会社インプレスの許諾のもと転載しています。オリジナルの記事はWeb担当者Forumのサイトでご覧ください。

この記事の筆者
田中 広樹 氏(アナグラム株式会社

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
この記事の内容は、2015年4月現在の情報に基づいています。
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。