日常会話に登場することが多い話題といえば「天気」。皆さまも天気の話題で盛り上がることがあるのではないでしょうか。今回は、1日1回以上天気予報をチェックしている学生と社会人(公務員、経営者・役員、会社員)の中から、18~60歳以上の男女2,060人を対象に実施した意識調査と、弊社独自データを基にした検索キーワード動向についての調査、ふたつの調査結果を紹介します。

天気予報をチェックしている人のうち8割以上の人が行っている「天気予報の確認方法」……分かりますか? また、雨や雪の日にはどんなキーワードが検索されていると思いますか? 天気情報収得前後で異なる行動の差や、天候不順時の行動パターンなど、天気がインターネットユーザーに与える影響に関する興味深い調査結果が得られました。梅雨のこの時期、会話のきっかけにするのはもちろん、広告運用のヒントとしてもオススメの情報です!

調査結果・考察の詳細を知りたい方は、【ダウンロード資料】「天気」がインターネットユーザーの情報取得行動に与える影響 [PDF:1226KB]をご覧ください。

(2013/6/12)

Yahoo!広告に関して個別の電話サポートを実施しております

運用に関するご相談などお気軽にご相談ください。こちらからご連絡いたします。
「ご相談予約フォーム」からご連絡可能な日程をお知らせください。

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。