2015年はゴールデンウイークが最長で12連休、さらにシルバーウイークが5連休と、旅行好きな人にとっては楽しみな連休が控えています。

実際に旅行を予定している人だけでなく関連業界の人にとっても、まれに見る好機であることはいうまでもありません。そのため、どれだけ早く販促準備ができるかが重要となってきます。

今回は、「2014年12月23日から2015年1月4日の間に1泊以上の宿泊を伴う旅行をした」人、かつ「旅行に関する情報の収集や、宿・渡航手段・現地での行き先などの予約・手配を行った」人を対象にした、旅行動向調査の結果を紹介します。

旅行の情報をいつからどのように取得したか、どうやって予約したかなどの傾向を踏まえて、今後の広告出稿対策にぜひ役立ててください。

調査結果・考察の詳細を知りたい方は、【ダウンロード資料】「”世代間”に違いなし? 旅行の予約はインターネットで~<年代別>年末年始の旅行に関する動向調査(PDF)」をご覧ください。

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。