【動画で見る】キーワードの探し方

キーワード探しの4つのポイント

キーワードには何よりもまず、アピールしたい商品やサービスを設定することが大切です。キーワードになりうる情報を探す際は、以下の4つのポイントに注意しましょう。

1. 商品・サービス分類からキーワードを洗い出す

自社の商品やサービスを分類しながら、それを的確に表す言葉を探してキーワードに設定します。

人材派遣サービス「派遣」「人材派遣」「派遣会社」「人材」「派遣求人」
靴下専門ショップ「靴下」「ソックス」「靴下屋」「靴下販売」
洋菓子通販ショップ「洋菓子」「スイーツ」「おやつ」「スイーツ通販」

※例です

2. 自社のサイト上からキーワードを見つけ出す

サイトの主要なコンテンツ名をキーワードとして登録するなど、サイトとの適合性が高いキーワードを拾います。これには検索ユーザーが広告をクリックしてサイトを訪問した際に、必要な情報を探しやすいという利点があります。 ユーザーの視点に立って客観的に自社のサイトを分析し、ポイントとなるキーワードをリストアップしてみましょう。

3. 旬のキーワードをチェックする

年中行事や、現在検索されている旬のワードに注目して、ユーザーが欲している情報や時期を押さえて準備を進めます。

≫販促カレンダー
≫検索データ
≫リアルタイム検索

4. 核となるキーワードに形容詞や商売に直結する単語を組み合わせる

自分やターゲットとなる検索ユーザーが、自社の商品やサービスを探すとしたら、どのようなキーワードを使って検索したり、絞り込んでいくでしょうか。具体的にイメージしながら考えてみるとキーワードのバリエーションが広がります。
例えば、「おすすめ」「おしゃれ」「おいしい」などの形容詞や、商売に直結する「通販」といった単語を組み合わせるとより効果的です。

広告予算に合わせたキーワードの探し方

目標インプレッション数を出す

運用を続ける中でクリック率やコンバージョン率の傾向が掴めてきたら、キーワードを追加するかどうかの目安となる目標インプレッション数を出してみましょう。

目標コンバージョン数 ÷ クリック率 ÷ コンバージョン率 = 目標インプレッション数

例えば、あるお店が検索広告を使って、1ヵ月あたり100点の商品を販売したいと考えているとします。 これまでの運用実績からクリック率5%、コンバージョン率3%ということが分かっている場合の目標インプレッション数は、下記のように計算します。

100点 ÷ 5% ÷ 3% = 66,000回

キーワードアドバイスツールでキーワードを選ぶ

広告管理ツールのキーワードアドバイスツールには、各種推定データや過去の実績に基づいて広告掲載に最適なキーワードが表示されるため、掲載すべきキーワードがわかります。

ツールの抽出結果には「推定インプレッション数(日)」として、入力した希望入札価格から予測される1日あたりの広告の表示回数が表示されます。 入札するキーワードについて、インプレッション数の合計を目安にキーワードを選びましょう。

≫キーワードアドバイスツール
≫キーワードアドバイスツールの抽出結果の見方
≫キーワード選びのコツ
≫キーワードを作成する

Yahoo!広告に関して個別の電話サポートを実施しております

運用に関するご相談などお気軽にご相談ください。こちらからご連絡いたします。
「ご相談予約フォーム」からご連絡可能な日程をお知らせください。

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。