「Yahoo!タグマネージャー」は、すでにご利用いただいていますか?

Yahoo!タグマネージャーは、さまざまなタグを一元管理できるタグマネジメントサービスです。共通タグをウェブページへ埋め込むだけで複数のタグ管理を簡単に行うことができ、タグの導入・運用負荷の削減が実現可能となります。

Yahoo!プロモーション広告をご利用の広告主の方であれば原則無料で利用できますので、ぜひご利用ください。

Yahoo!タグマネージャーとは

今回は、「Yahoo!タグマネージャーを知っていたけど、実はまだ使ったことがない」という広告主の方向けに、ゼロからYahoo!タグマネージャーの設定方法をご紹介します。

Yahoo!タグマネージャーの始め方 【初期設定】編

Yahoo!タグマネジャーを利用するには、以下の7ステップに従って設定が必要です。

Yahoo!タグマネージャーの始め方 7つのステップ

まずは、Yahoo!タグマネージャーの利用に必要な初期設定として、STEP 2までをご紹介します。

【初期設定】

STEP 1 サイトを設定する

STEP 2 ユニバーサルタグの取得と設置【Yahoo!タグマネージャーの実装】

STEP 3 ページを設定する

STEP 4 広告管理ツールでタグの設定を確認する

STEP 5 タグの追加と設置

STEP 6 設定済みのタグの削除

STEP 7 タグが正常に動作しているか確認する

STEP3 以降は、以下のリンクよりご確認ください。
Yahoo!タグマネージャーの始め方(実装編)

【Yahoo!アクセス解析をご利用の方へ】
Yahoo!アクセス解析をすでにご利用の場合は、今回ご紹介するYahoo!タグマネージャーの初期設定「STEP 2 ユニバーサルタグの取得と設置」まで完了しています。

「Yahoo!タグマネージャーの始め方(実装編)」からご覧ください。
Yahoo!タグマネージャーの始め方(実装編)

STEP 1 サイトを設定する

Yahoo!タグマネージャーのご利用開始にあたって、利用規約の同意と、サイトの設定を行います。

【設定箇所:広告管理ツール】

「1. サイト設定する」のヘルプはこちら

  1. 1.広告管理ツールの「運用サポートツール」タブをクリックし、「Yahoo!タグマネージャー」タブをクリック
  2. 2.対象のアカウント名左横の[設定]ボタンを押す
  3. 3.Yahoo!タグマネージャー利用規約の画面が表示されるので、規約内容をご確認のうえ、[利用規約に同意してサイト選択へ]ボタンを押す
  4. 4.「Yahoo!タグマネージャーサイト設定」画面が表示されるので、「アカウント名」を確認し、「新規作成をする」を選択
  5. 5.「新規作成する」、「登録済サイト選択」のいずれかを選択
  6. 6.「新規作成する」を選択した場合は、「サイト名」と「確認用URL」を入力し、[設定してアカウント一覧へ]ボタンを押す 「登録済サイト選択」を選択した場合は、サイト一覧からサイト名を選択し、[設定してアカウント一覧へ]ボタンを押す ※「登録済サイト」を選択すると、同一アカウント内で設定済みの既存サイトから選択できます。複数管理者で同一のウェブサイトを管理する必要がある場合は 「登録済サイト」を選択してください。複数管理者で同一のウェブサイトを管理する際の概要については、以下をご参照ください。

ご注意

  • サイトを設定できる権限は「管理者権限」のみです。
  • 一度設定したサイト名/確認用 URL の修正、削除はできません。

STEP 2 ユニバーサルタグの取得と設置

Yahoo!タグマネージャーを利用するにあたって、Yahoo! JAPANユニバーサルタグ(以下、ユニバーサルタグ)を取得し、設置を行います。

「2. ユニバーサルタグの取得と設置」のヘルプはこちら

【広告管理ツールの画面でユニバーサルタグを取得】
  1. 1.広告管理ツールの「運用サポートツール」タブをクリックし、「Yahoo!タグマネージャー」タブをクリック
  2. 2.対象のアカウントの「ユニバーサルタグ」列で「表示」をクリックすると、ユニバーサルタグが表示される
  3. 3.ユニバーサルタグの内容をコピーして取得する
※ユニバーサルタグは、Yahoo!タグマネージャーの画面でも取得可能です。 詳細は、以下のリンクからご確認ください。

「2. ユニバーサルタグの取得と設置」のヘルプはこちら

【ウェブページへユニバーサルタグを設置】
  1. 4.ユニバーサルタグを設置するウェブページのhtmlのソースコードを表示する
  2. 5.取得(コピー)したYahoo!タグマネージャーのユニバーサルタグを、ウェブページに貼り付け(ペースト)する

ご注意

  • ユニバーサルタグを各ウェブサイトに設置する際は、必ずページ内のソースコードの後半部にある「</body>」タグの直前に、ユニバーサルタグを設置してください。

  1. 6.ウェブページを保存して、更新作業(ウェブサーバーへアップロードなど)を行う

ご注意

  • 複数のユニバーサルタグを同一ページに設置した場合、設置したすべてのサービスタグが正しく動作しない可能性があります。
  • 配信方法が異なる同種・同一目的のJavaScript形式のタグ(オリジナルタグとYahoo!タグマネージャーで設定したカタログタグ・スマートカスタムタグ)を同じウェブページに複数設置した場合、ブラウザー上でタグ実行が競合し、各ベンダー側の管理画面の集計結果などに影響する可能性があります。配信方法が異なる同種のJavaScriptタグを同じウェブページに設置する際、JavaScriptタグと同じ目的のピクセルタグが利用可能な場合は、ピクセルタグに変更することを推奨します。

初期設定まで完了したら、次は実際にYahoo!タグマネージャーの実装に進みましょう。

【Yahoo!タグマネージャーの実装】

STEP 3 ページを設定する

STEP 4 広告管理ツールでタグの設定を確認する

STEP 5 タグの追加と設置

STEP 6 設定済みのタグの削除

STEP 7 タグが正常に動作しているか確認する

STEP3 以降は、以下のリンクよりご確認ください。
Yahoo!タグマネージャーの始め方(実装編)

もし不明な点ありましたら、以下の電話番号にお気軽にご連絡ください。

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。