スポンサードサーチの運用時間がない、または、広告文・キーワードや入札価格などの設定が難しくお困りの方、必見です。広告管理ツールで運用中の方でも、スポンサードサーチを自動運用できるツール「らくアド」へ、切替えられるようになりました。

「らくアド」は、こんな広告主様にオススメです。

(1)Yahoo!プロモーション広告に申し込んだけど、忙しくてなかなか始められない
(2)広告管理ツールでスポンサードサーチを運用中だけど、本業が忙しく、スポンサードサーチの最適化、運用に時間をかけられない。
(3)広告文やキーワード、入札価格をどのように設定してよいかわからない。

「らくアド」の特徴

○○○
ウェブサイトのURLや業種など、ステップに沿って5つの項目を入力するだけで、自動で広告文が作成され、広告配信がスタートします。配信開始後も、広告を自動で運用します。
※スポンサードサーチの広告を管理するツールは、広告管理ツール、らくアドのいずれか1つのみ選択できます。1つのアカウントで複数のツールを並行して利用できません。
※広告管理ツールかららくアドへ切り替えた場合、らくアド専用のスポンサードサーチアカウントが作成されます。

「らくアド」では、こんなことができます

(1)キーワードを自動で設定
インターネットユーザーが検索する「キーワード」のなかで、広告主様が扱っているサービスに関連の深いものを自動で設定します。

(2)広告文を自動で作成
設定した予算の範囲内で費用対効果の高い広告を配信できるよう、過去のクリックの実績に基づき、自動で広告文を作成します。
※自動作成された広告文は、必要に応じて編集ができます。(ツール上で「編集できる広告」と表示されている広告文だけが編集可能です)

(3)広告掲載後、自動で最適化
広告の掲載開始後、広告主様に応じて最適なキーワードや入札価格になるように、らくアドが自動で調整します。

(4)ダッシュボードで費用対効果を確認
ダッシュボード画面で、広告の実績(広告が表示された回数、クリック数)や残金などをタイムリーに確認できます。日々の実績の推移は、わかりやすい折れ線グラフで表示されています。

「らくアド」のはじめ方

広告管理ツールのスポンサードサーチ「ツール」一覧にある「らくアド」をクリック。
※画像をクリックすると拡大します。
ツール一覧

ツール一覧 > 「らくアド」ページの下部にある『らくアドを利用する』ボタンから始めることができます。
※画像をクリックすると拡大します。
らくアドを利用する

▼らくアドの設定方法


「らくアド」と広告管理ツールの切り替えについて

  • 「らくアド」利用開始後は、広告管理ツールの運用に戻ることができます(※1)。 その場合、「らくアド」への切り替え前に広告管理ツールで利用していたアカウントを再び利用できます。過去に広告管理ツールで作成された広告やキーワードは、そのまま利用可能です。
    (※1)月初5営業日は、広告運用ツールの運用に戻ることができません。
  • 広告管理ツールへの切り替えは、「らくアドの利用終了」をしていただく必要があります。以下の手順をご覧ください。

▼らくアドでの広告運用を終了し、自分で広告の内容を作成・管理したい(ヘルプ)

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。