検索広告だけではカバーしきれないユーザーを獲得する方法とは?

検索広告の質を高めていくとコンバージョン率は上がりますが、それでも広告をクリックしないユーザー、クリックしてもすぐに離脱するユーザーは存在します。 そんなユーザーにアプローチするためには、ディスプレイ広告サーチターゲティングの利用をおすすめします。

ディスプレイ広告は、Yahoo! JAPANのトップページをはじめとするコンテンツページを見ているときに表示される広告です。 サーチターゲティングを活用することで、広告の表示機会を増やしてコンバージョンされるチャンスを広げることができます。

サーチターゲティングとは?


サーチターゲティングは、検索広告と同じようにYahoo! JAPANで検索したキーワードをもとに、指定のキーワードで検索した人だけに広告を配信できるYahoo!広告独自のディスプレイ広告です。

検索広告は、検索した時に広告が表示されますが、サーチターゲティングもご利用いただくと、広告管理ツールで設定した有効期間中、デバイス(パソコン、スマートフォン、タブレット)の垣根を越えて検索したユーザーに訴求し続けることができます。

検索広告とディスプレイ広告のいいとこどり「サーチターゲティング」とは

検索広告のメリットを持ちながら、Yahoo! JAPANトップページに画像広告を掲載


ディスプレイ広告のサーチターゲティングは、パソコンでもスマートフォンでもYahoo! JAPANのトップページに広告が掲載されます。しかも、画像広告を使った視覚的な訴求をすることでユーザーからの認知度を上げたり商品の説明には最適です。

もちろん、特定のキーワードに関心のあるユーザーにだけ広告が配信されるので、ディスプレイ広告であってもコンバージョンにつながりやすい広告サービスです。

クリック単価の目安は、25円~50円

サーチターゲティングでは、検索広告で効率よく成約に結びついているキーワードはもちろん、競合他社が独占しているキーワードや、近い目的であれば検索広告では使用できない多彩なキーワードの登録もできますので、検索広告では訴求できなかった新しいユーザーへの拡充にも適しています。

さらに、検索広告ではクリック単価が高いビッグキーワードでも、サーチターゲティングであれば比較的お手軽なクリック単価で配信するこも可能です。そのため、クリック単価の高い検索広告で悩んでいる広告主様にとって、「サーチターゲティング」はとてもおすすめです。
※2017年10月現在。掲載や効果を保証するものではありません。商材や設定によって異なります。

料金についての詳細はこちらをご覧ください。

必要な初期設定はすべて無料で代行

専門スタッフが画像つき広告を2種類とテキスト広告を1種類、作成します。

ウェブサイトにある画像を使用するパターンと、商品やサービスを参考にして、最適なイメージ画像をヤフーが提供する2パターンから選択いただけます。

ご自身で必要な作業は3つ。お手軽に開始いただけます

  • 「初期設定サービス 無料代行サービス」フォームへのご入力
  • 広告料金のご入金
  • 配信設定オン
▼ディスプレイ広告 初期設定サービス 無料代行サービスお申込みはこちらから▼

Yahoo!広告に関して個別の電話サポートを実施しております

運用に関するご相談などお気軽にご相談ください。こちらからご連絡いたします。
「ご相談予約フォーム」からご連絡可能な日程をお知らせください。

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。