このような方にピッタリです

  • コンバージョン数を増やしたい
  • クリックを増やしたい
  • クリック単価が高い
  • 競合が多い

1. スポンサードサーチに反応しないユーザーへのアプローチ方法とは?

スポンサードサーチの質を高めていくと、当然コンバージョン率は上がりますが、それでも広告をクリックしないか、クリックしてもすぐに離脱するユーザーは存在しています。
スポンサードサーチの離脱者にアプローチするためには、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)の利用をお勧めします。

YDNとはスポンサードサーチと広告の掲載場所が異なり、Yahoo!ニュースなどのコンテンツページを見ているときにYDNで設定した条件に一致するユーザーに対して表示する広告です。

スポンサードサーチで表示が少なかったり、あまりクリックがされない場合は「サーチターゲティング」を活用することで、広告の表示機会を増やしてコンバージョンされるチャンスを広げることができます。

スポンサードサーチでコンバージョンに至らないユーザーが多い場合は、「サイトリターゲティング」を利用することで、より見込み度の高いユーザーに絞って広告を出すことでコンバージョンされるチャンスを広げることができます。

2. サーチターゲティングとは?

登録したキーワードを過去に検索したことのあるユーザーに対して配信する広告です。これにより、リアルタイムで検索している人だけでなく、特定のキーワードに興味があるより多くの人を対象に広告を掲載できます。テキスト広告かディスプレイ広告のどちらにするかは選択可能なのでバナーを作らなくても簡単に始められます。

詳しくは下記にまとめています。
スポンサードサーチとYDNのいいとこどり「サーチターゲティング」とは

3. サイトリターゲティングとは?

自社のウェブサイトに訪問したことがある、コンバージョン見込の高いユーザーに向けて配信できる広告です。自然検索やスポンサードサーチで一度ウェブサイトに訪れたユーザーのみをターゲットにするので、効率的にコンバージョンを獲得できます。サイトリターゲティングもテキストメール広告、ディスプレイ広告のどちらかを選ぶことができます。

詳しくは下記にまとめています。
サイトリターゲティングとは

まとめ

スポンサードサーチで反応しないユーザーには、サーチターゲティングとサイトリターゲティングも合わせて表示させることで、効率的にインプレッションやコンバージョンを獲得できる。

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。