スポンサードサーチの掲載結果を確認できる画面、重要な指標、数字の捉え方についてご説明いたします。

広告管理ツールの構成

スポンサードサーチのタブを開くと、以下の画面(キャンペーン管理)が表示されます。はじめはわかりづらいかもしれませんが、徐々に慣れてください。

広告の掲載結果はどこで確認できるの?

広告管理ツールで基本的な指標を簡単に確認することができます。

- ※このページで使用している広告管理ツールの画面はサンプルです。
 実際の表示とは異なる場合があります。
- ※画像はクリックすると大きく表示できます。

1.広告管理ツールにログインし、「スポンサードサーチ」タブ、「キャンペーン管理」の順にクリック

2.表示されたデータを確認

「表示期間選択」で確認したい期間を選択し、結果を確認します。
※「日付を選択」で任意の期間を選択できます。

「表示内容選択」で、キーワード・広告・広告グループ・キャンペーン・ターゲティングを切り替えることができます。

キーワードの一覧では、品質の目安になる「品質インデックス」が確認できます。

品質インデックスはキーワードの品質を10段階で表す指標です。一般的に品質インデックスの値が高いと表示される広告の掲載順位は上がりやすく、クリック単価が低くなる傾向があります。
品質インデックスを上げるには

インプレッションが0の場合は、広告が掲載されていない可能性があります。下記の項目をチェックしてください。

なお、「データがありませんでした」と表示される場合はウォッチリストに項目を追加設定せず、グラフ右上の「ウォッチリストを見る」にチェックが入ってしまっている可能性があります。この場合はチェックを外せばデータが表示されます。

配信状況を確認→オフの項目がある場合はオンにします。また、何らかの理由により広告配信が停止している場合は、その旨が表示されますので、対応をしてください。
ウォッチリストは2018年11月頃に提供を終了する予定です(なお本機能に変わりラベル機能をご活用ください)。

審査状況を確認→審査完了以外の場合は、審査状況の詳細を確認します。

上記が問題なくてもインプレッションが0、もしくは少ない場合は、広告グループの入札価格を10円ずつ上げてみましょう。また、ターゲティング設定を絞り込みすぎると、広告が掲載されにくくなります。ターゲティングを外した場合に掲載されるかを確認しましょう。

それでも解決しない場合は、お客様サポートセンターにお問い合わせください。

Yahoo!プロモーション広告 お客様サポートセンター

  • お電話でのお問い合わせ 0120-559-703 (平日9:00~18:00 土日祝休)
  • フォームでのお問い合わせお問い合わせフォーム

重要な3つの指標

スポンサードサーチの運用で重要な指標は右の3つです。効果を上げるには、それぞれの指標を上げていく必要があります。

インプレッション数 広告が表示された回数。インプレッション数が増えるほど、インターネットユーザーが貴社の広告触れる機会が増えます。 予算(キャンペーン日額予算)が低い、入札価格が低い、広告の掲載順位が低いなどの場合には、広告の表示機会は少なくなり、インプレッション数も少なくなる場合があります。
広告が掲載されていない・インプレッション数が少ないときのチェックポイント
クリック数 表示された広告がクリックされ、サイトへ集客できた回数。1クリックは1人のサイト集客ととらえることができる。 広告が表示されないことには、クリックされません。
したがって、インプレッション数が少ないとクリック数も少なくなります(同じクリック率の場合)。 クリック数を上げるには、インプレッションを増やすか、クリック率を上げるかが対策となります。
また、一般的に、掲載順位が高い方(広告表示位置が上の方)がクリックされやすいです。広告文の表現の仕方も影響を与えます。
クリック率 インプレッション数(広告の表示回数)に対する、広告がクリックされた割合
クリック率(%)=クリック数÷インプレッション数×100

結果数値の捉え方、この数字は良いの? 悪いの?

【クリック率について】
「クリック率」は、まず1%以上を目標にしてください。1%を超えている場合は、より向上させるように、超えていない場合はクリック率を上げるように、今後メンテナンスしていきます。

【インプレッション数、クリック数について】

「インプレッション数」や「クリック数」は広告主様の予算や、広告する商材の市場ニーズ(ニーズが高い方が、検索される機会も多くインプレッション数が高い)によってさまざまです。
したがって、一概にいくらあればよいと明言できません。


クリック数は、目標をご自身で決めていただき、その目標のために現状のクリック率では何インプレッション必要か、簡単な割り算で算出すれば必要なインプレッション数が把握できます。
クリック数の目標は1クリックが1人のサイト集客であることをイメージし、何人のサイト訪問が欲しいかで決められます。

その後は、この必要なクリック数、インプレッション数に近づけるように、クリック率を上げる作戦、インプレッション数を上げる作戦を立てて、実行していきます。

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。

記事カテゴリー

スマートデバイス

スマートフォン

プロモーション広告 商材・サービス

その他 ▼