スポンサードサーチは、広告管理ツールに登録したキーワードとインターネットユーザーが検索に使用したキーワードが完全、または間接的に一致した時に広告を表示する仕組みです。

そのため、マッチタイプによっては登録したキーワードとぴったり一致したとき以外でも広告が掲載されるのですが、あなたの広告が実際にどんなキーワードで検索されて表示されたのか、確認したことはありますか?これは、広告管理ツールの「検索クエリー」で簡単に確認することができます。

この検索クエリーの中に自分の商材に関係のないキーワードがあったら要注意、無駄なクリック料金が発生しているかもしれません。そんな時は「対象外キーワード」として登録して、そのキーワードでの検索結果に広告が掲載されないように設定しましょう。

さらに、検索クエリーの中には自分では考えもしなかったコンバージョンに繋がりやすいキーワードが見つかることがあります。そんなキーワードを発見したら、キーワードとして登録しましょう。

こうしてキーワードを最適化していくことで、市場のニーズを把握して広告に反映することや、無駄なコストを省いて効率よく広告運用を続けることができるようになります。

では、さっそく広告管理ツールで調べてみましょう。

1. 広告管理ツールにログインし、「スポンサードサーチ」タブ、「キャンペーン管理」をクリック

広告管理ツールへログイン

2. キャンペーン一覧から確認したいキャンペーンを選択し、表示内容選択で「キーワード」サブタブをクリック

3. [検索クエリーを表示]ボタンの▼をクリックして「すべてのキーワード」を選択

4-1. 検索クエリーを対象外キーワードとして追加する場合
表示された検索クエリーを確認し、不要なキーワードにチェックを入れて[対象外キーワードとして追加]ボタンを押す

4-2. 検索クエリーをキーワードとして追加する場合
追加したいキーワードにチェックを入れて[キーワードとして追加]ボタンを押す

5. マッチタイプと追加先のキャンペーン、または広告グループを選択し、[追加]ボタンを押す

操作の詳細は下記のページをご確認ください。

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。