検索結果画面で、通常の広告文の下にリンクが設置されているのをご覧になったことはありませんか? これは、クイックリンクオプションといって、広告のリンク先URL以外にも短いテキストとリンク先URLを指定して表示できる機能です。

クイックリンクオプションは、広告面積の拡大により視認性が向上するため、クリック率の向上を期待できます。また、目的別のリンクの追加によりユーザーを直接各ページに誘導できるため、コンバージョン率アップも期待できる機能です。

クイックリンク表示有無による実際のクリック率の差は以下のようになっています。

クイックリンクオプションの表示には費用が発生せず、クリックされると広告のタイトルがクリックされた場合と同じクリック料金が発生します。全キャンペーンに設定して、コンバージョンアップを目指しましょう!

ポイント

クイックリンクオプションは「広告表示オプション」の一つです。広告表示オプションについて、詳しくは以下のページをご覧ください。
広告の訴求力をアップさせる[広告表示オプション]とは?

クイックリンクオプションの利用例

クイックリンクオプションは、ウェブサイトで取り扱っている商品やサービスを「商品カテゴリー」や「地域」、「特集」ごとに分類でき、それぞれ個別のURLを指定している場合におすすめです。具体的な利用例をご紹介します。

<商品カテゴリーごとのリンク>


<地域ごとのリンク>


≪サイトメニューごとのリンク>

このように、クイックリンクオプションを使用すると、ユーザーがクリックした広告からリンクする先のコンテンツを具体的にイメージしやすくなります。そのため、目的とするページに直接誘導でき、コンバージョンに至る確率が向上します。

ポイント

クイックリンクオプションは掲載期間や時間帯の設定が可能です。そのため、以下のような期間限定の訴求にも向いています。

(例)

  • セール期間中のみの掲載
  • 一定期間のみ訴求したいサービスや商品(お盆やお歳暮時期のギフト、キャンペーン案内、発売開始商品のPR など)
  • 時間帯によって表示文言を変更(平日17時まで限定の割引サービスなど)

クイックリンクオプションの設定は、広告主様がターゲットにするインターネットユーザーのニーズをもとに検討することがポイントです。うまく活用し、集客アップやコンバージョンアップにつなげてください。

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。