広告の運用/改善を進める上で、「広告のA/Bテスト」は重要な施策の1つです。

A/Bテストとは、複数の広告を実際に配信して行うテストのことで、複数の広告文を用意することから始めます。実際に複数の広告を配信し、どの広告が一番クリックされたのか、コンバージョンにつながったのかなど広告効果の比較テストを行います。つまり、実際に広告を配信して行うテストによって、最も効果の高い広告を把握・決定するというところが、広告運用において最重要なポイントです。

特にスポンサードサーチはテキスト広告のため、すぐに広告文を変更し、簡単にA/Bテストを始められます。手間がかからない分、繰り返し実施していくと、効果が出やすく、改善しやすい広告と言えます。

A/Bテストを実施し、効果の高い広告を掲載することで、クリック率(CTR)が上昇し、品質も上がるので、平均CPC(クリック単価)が下がりやすくなります。ぜひ、試してみましょう。

A/Bテストで効果を上げる広告の作成方法

まずは、テストを行う広告を作成しましょう。

なんとなく思いついた広告文を適当にテストしていても、広告効果は思うように上がりません。そのため、A/Bテストは必ず仮説が必要です。例えば、何の仮説もなくテストをしてAパターンが勝ったとしても、そこから得られるものは何もないため、続けて効果を出すことが難しくなります。

A/Bテストで効果を上げる広告の作成方法は、2ステップ

1. 訴求ポイント別に複数の広告を作成

広告を作る際、価格、効果、品質、対応など、訴求したいポイントは、いろいろ思いつくでしょう。その中でどこを訴求するのが最も効果が高いのかをA/Bテストで測定していきます。

  • 価格(今なら○○%オフ)
  • 品質(上質の○○を使用)
  • 実績(○年連続○○受賞)
  • 特典(初回限定で○○プレゼント)
  • 安心(プロの○○がサポートします)
  • スピード(翌日お届け可能)

訴求別のテストを行うことで、どの訴求ポイントがインターネットユーザーに一番訴えかけられたのかがわかります。

2. タイトル、説明文の一部を変えて広告を作成

次に、一番効果の高い訴求ポイントの広告をさらにテストします。ここでの注意点は、テストする箇所を1つに絞ることです。複数の箇所を同時に変更してしまうと、「どの部分が悪かったのか?」、「広告分の中のどのキーワードがよかったのか?」など、効果測定がしづらくなります。テストは必ず、1箇所だけを変更して行うようにしましょう。

ポイント

  • タイトルだけを変更
  • 説明文だけを変更
  • 使っている言葉はそのままで、前後を入れ替える

テストをすぐにやめてしまうのはもったいない!

広告主様から、「A/Bテストの結果が出るまでにはどのくらいの期間が必要ですか?」とよく質問をいただきます。

お客様の商材やサービスによって異なるかと思いますが、一般的にどのようなウェブサイトでも曜日やシーズナリティの影響を受けることが多いです。仮にテストを月曜に始めたのであれば、日曜日まではテストを継続する必要があります。そしてもし7日間で有意な結果が得られなかった場合は、さらにもう7日間テストを継続します。最終的に有意な結果が得られるまでこれを繰り返していきます。このように、最低でも2~3週間程度の検証期間が必要です。

もっと効果的なA/Bテストを行うのであれば、年末年始やゴールデンウィーク、クリスマスなど外部的な要因に注意しながら、2カ月ほど検証期間を設けていただくことをおすすめします。

A/Bテストは、継続あるのみ

大事なのは、一度のA/Bテストで終わるのではなく、継続的に繰り返すことです。

A/Bテストを繰り返して効果的な広告表現を見つけていくことはクリック率を最大化することにつながり、同じ表示回数でより多くのクリック数を獲得できるようになります。クリック率が向上すれば、キーワードの品質インデックスの改善も期待でき、品質が上がることでクリック単価を抑えることができるかもしれません。同じ予算額でより多くのクリックを獲得できれば、効率のよい広告運用が実現します。

A/Bテストは、継続あるのみ。繰り返し、テストを行いましょう。

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。