スポンサードサーチ広告の掲載順位を上げると、広告が目立つ場所、つまり、インターネットユーザーの目につきやすい場所に掲載されるため、クリックされる確率「クリック率」が高くなる傾向があります。

「クリック率」が高くなれば、商品やサービスの購入や申し込みといった成約(コンバージョン)につながる確率も上がります。そのため、なるべく掲載順位を上位にして広告を掲載することが、オンラインビジネスの成功につながるのです。

それでは、どのようにして掲載順位を上げればよいのでしょうか。掲載順位を上げるには、3つの方法があります。

1. キーワードの入札価格を上げる

キーワードの入札価格が競合他社の入札している金額よりも低すぎると、広告が表示されにくくなります。全体のバランスをみながら、注力したいキーワードを中心に入札価格を調整しましょう。スポンサードサーチではキーワードを登録する際に、検索結果の1ページ目に掲載するための入札価格について、予測値が確認できます。参考にしながら入札価格を調整しましょう。

画像をクリックすると大きく表示されます

それではさっそく、広告管理ツールにログインします。

広告管理ツールへログイン

「スポンサードサーチ」タブ、「キャンペーン管理」タブの順にクリックし、[広告グループ]ボタンを押します

[キーワード]ボタンを押して、キーワードの一覧を表示します。「1ページ目掲載に必要な入札価格」項目に入札価格が表示されます。

ポイント

「1ページ目掲載に必要な入札価格」項目に表示されるのは、検索結果の1ページ目に広告を表示するのに必要な入札価格の予測値です。設定している入札価格が「1ページ目掲載に必要な入札価格」よりも低い場合は、矢印のアイコンが下向きに表示されますので、入札価格を見直してみましょう。

キーワード一覧画面に「1ページ目掲載に必要な入札価格」の項目が表示されていない場合は、以下のページで表示方法をご確認ください。

2. キャンペーン予算を上げる

登録されているキーワードの検索数や入札価格に対してキャンペーンの予算が低い場合、広告のインプレッション数が抑えられ、配信されにくくなってしまう可能性があります。キーワードの入札価格を上げた場合は、十分なインプレッション数が見込める予算になっているか、注意しておきましょう。

キャンペーンの予算は「キャンペーン管理」タブから変更します。
「スポンサードサーチ」タブ、「キャンペーン管理」タブの順にクリックし、[キャンペーン]ボタンを押します。

「1日の予算」欄に表示されている金額をクリックして、希望する金額を入力しましょう。
最後に[変更]ボタンを押します 。

ご注意

1日の予算額は目安であり、超過したことによる返金を保証するものではありません。何らかの要因(季節やメディアの情報などによる影響)で検索数が増加して クリックが集中した場合や、予算額に対してキーワードや広告グループの入札価格が高い場合は、実際のクリック料金が予算額を超過することがあります。十分な予算額を確保することや予算額とバランスのとれた入札価格を設定しましょう。

3. キーワードの品質を上げる

品質はクリック率とその他の要素から算出されます。キーワードごとに確認可能な「品質インデックス」の目盛りを参考にして品質を上げていきましょう。

品質インデックスを決める要素には、クリック率やその他複数の要素(キーワード・広告・検索クエリーの関連性など)がありますが、重要なのはクリック率です。広告との適合性が高いキーワードはクリック率が高くなる傾向にありますので、広告の改善に努めましょう。

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。