スポンサードサーチで、「今、商品を探している」ユーザーにアプローチ

スポンサードサーチは、Yahoo!検索において特定のキーワードで検索したインターネットユーザーに対して広告を表示します。そのため、「今、商品を探している」または「すでに、欲しい」と思っているユーザーに広告を表示し、そのまま直接Yahoo!ショッピングの自社ストアへ誘導できます。

スポンサードサーチ

キーワード選定は、「キーワードアドバイスツール」におまかせ

スポンサードサーチの成功は、「キーワード選定」が決め手! と言っても過言ではありません。とにかく思いついた掛け合わせワードを入れるだけでは、広告の効果は思ったように上がりません。

そこで、「どんなキーワードがいいのかわからない」とお悩みの方にお勧めしたいのが、「キーワードアドバイスツール」です。キーワードアドバイスツールは、任意のキーワードを入力すると、関連するキーワードや月間の検索数などの各種推定データを確認できるツールです。

キーワードアドバイスツールで、候補キーワードを抽出

キーワードアドバイスツールは、スポンサードサーチの「ツール」タブで利用できます。

キーワードアドバイスツール

「キーワードアドバイスツール」 キーワード候補

季節商品・イベント関連商品は、「検索ボリューム推移」で紹介時期をチェック

候補キーワードを確認するのはもちろんですが、「検索ボリューム推移」で月ごとや時間ごとの検索ボリュームの推移を見ることができます。

例えば、「スキー用品」など季節の影響を受ける商品を取り扱っている出店者の方は、この検索ボリューム推移を見ることで広告を強めて出す時期や弱める時期などをあらかじめ確認できます。

キーワードアドバイスツール

「キーワードアドバイスツール」 検索ボリューム推移

スポンサードサーチで、Yahoo!ショッピングのストアへの集客開始!

検索キーワードとなる候補をチェックしたら、早速スポンサードサーチの広告掲載を開始しましょう。検索ユーザーをストアサイトへ集客するには、検索結果に表示させる広告の作成と、入金が必要です。

スポンサードサーチの広告作成

スポンサードサーの広告作成は、以下の4ステップです。

  1. 1.キャンペーンの作成
  2. 2.広告グループの作成
  3. 3.キーワードの作成
  4. 4.広告の作成

スポンサードサーチへの入金について

広告料金のお支払い方法は、銀行振込とクレジットカードの2通りとなります。

「自動入札設定」で、時間節約と売り上げアップ

広告の掲載が開始されたら継続してやらなくてはいけないこと、それは、「運用」です。

インターネットユーザーやライバル社の動向、季節など、広告を取り巻く環境は、常に変化しています。問題が起きたら改善する、これを継続的に行うことが、広告運用です。広告を適切に運用すれば、効果はどんどん上がっていきます。

しかし、ストア管理も大変なのに広告運用に時間をかけている時間はないという出店者様におすすめなのが、「自動入札設定」です。

「自動入札設定」は、広告のクリック数や掲載位置など5種類の自動入札タイプから、重視したい目的を選び、その目標値に近くなるように、キーワードの入札単価を自動的に調整する機能です。インターネットユーザーの検索行動が発生すると、デバイス、エリア、時間帯などをリアルタイムに分析し、最適な入札単価を自動的に導き出します。

忙しい出店者様は、「自動入札設定」で時間節約と売上アップを同時に目指してみましょう。

Yahoo!ショッピング出店者様がYahoo!プロモーション広告で最初に行うべき基本設定

Yahoo!ショッピング出店者様の限定機能をご利用いただくには、2つの設定を行いましょう。
まとめてご覧いただく場合には、以下「はじめようガイド」をダウンロードしてご確認ください
「はじめようガイド」(PDF)をダウンロード

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。