スマートフォンの急速な普及により、インターネット広告でスマートフォンユーザーにアプローチする必要性が増してきました。

例えば、同じ「居酒屋」というキーワードでも、PCで検索する場合とスマートフォンで検索する場合ではその目的が異なることがあります。

PCで歓送迎会をする居酒屋を検索しているインターネットユーザーには、「幹事1名無料」を訴求した広告文、スマートフォンでいますぐ予約できる居酒屋を検索しているインターネットユーザーには、「当日予約可能」を訴求する広告文にするなど、「利用シーン」を想像したうえで、それぞれに対して適切な広告を出し分ける必要があります。

スポンサードサーチでは、デバイスごとに入札価格調整率(%)が設定できます。スマートフォンの入札価格調整率を引き上げることで、スマートフォン向け広告が表示されやすくなります。スマートフォンはPCに比べて検索結果に表示される広告の本数が少ないため、上位に掲載されることは重要です。

スマートフォン向け広告を作成したら、スマートフォンの入札価格調整率(%)の引き上げを行い、まず広告の表示回数を増やし、クリック、コンバージョンの獲得とつなげていきましょう。

入札価格調整率と最大入札価格の計算

入札価格調整率を指定すると、その範囲内で入札価格が増減します。スポンサードサーチでは、インターネットユーザーが検索を行う「デバイス」「曜日・時間帯」「地域」入札価格調整率を指定できますが、最終的な入札価格調整率はそれらを掛け合わせた値になります。

設定によっては基準とする入札価格を大きく超える場合もあるため、1クリックあたり発生するクリック料金の最大入札価格を確認しておきましょう。キャンペーン一覧画面に用意された「計算ツール」を活用するとよいでしょう。

※計算ツールについては入札価格調整率の計算ツールとはを参照

スマートフォンの広告掲載を強化しましょう

入札価格調整率の「デバイス」で「スマートフォン」 の入札価格調整率を引き上げてみましょう。

1. 「スポンサードサーチ」タブ、「キャンペーン管理」、「キャンペーン」の順にクリック

2. 広告を追加したいキャンペーン名をクリック

3.  広告を追加したい広告グループ名をクリック

4. 「広告グループ設定情報」をクリック

5. [設定内容を編集]ボタンを押す

6. 「入札価格調整率(%)」で「設定する」を選択し、「スマートフォン」項目のプルダウンで「引き上げ率」を選択し、引き上げ率を入力して[編集内容を保存]ボタンを押す

※下記の設定が可能です。(1%単位、半角数字で入力)
引き上げ率:0%~900%
引き下げ率:1%~90%

7. 「表示内容選択」で「広告」をクリック

8. [+広告作成]ボタンを押す

9. 広告(PC・スマートフォン・タブレット用)の入力欄に「広告名」「タイトル1」「タイトル2」「説明文」「最終リンク先URL」を入力して[保存]ボタンを押す

※スマートフォンから検索された際に表示されることを考慮した「タイトル」「説明文」にすることをおすすめします。


これで、スマートフォンに優先的に配信される広告の作成は完了です。

また、スマートフォン向け広告を始めたら、絶対に欠かせない機能が「電話番号オプション」です。

「電話番号オプション」は、スマートフォン向け広告の中に電話番号を表示し、検索したスマートフォンユーザーが1クリックで簡単に電話をかけられる機能です。ぜひご活用ください。

学んだ内容を広告運用に生かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。