A, 責任の所在を明確にし、ユーザーが連絡をしたいと感じた際に連絡先を容易に確認できるようにするため、広告を出稿している主体者の情報をウェブサイトやクリエイティブに明示することを定めたガイドラインです。


リンク先のウェブサイトには主体者の名称と住所、電話番号を表示しましょう。
さらに、ディスプレイ広告の場合は画像内に商標登録されたロゴ、または「提供:○○」の形式で社名を表示しましょう。

もっと詳しく知りたい方は、こちらのページもご確認ください。
>【審査否認理由】「広告の主体者の明示」とは?

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項

掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。

例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。