「サイトリターゲティング」は、一度ウェブサイトを閲覧したことのあるインターネットユーザーに再アプローチすることが可能になる広告サービスです。

Yahoo!ショッピングにおいては、自社ストアに訪問したことのあるユーザーに広告を表示できる仕組みです。
サイトリターゲティングとは
サイトリターゲティングの仕組みについて

ストア訪問者の購入意欲や目的に合わせた広告対策

注文に至らなかったストア離脱者に再アプローチ

Yahoo!ショッピングで売り上げ伸ばすために最も重要と言えるのが「注文しなかったストア離脱者」への広告配信です。

一般的に、一度目のサイト訪問で購入するユーザーは、10%にも満たないといわれています。例えば、ストアのページを訪れたユーザーの2%がその場での購入につながった場合、残りの98%は興味を持ってストアを訪れてきたものの、購入までは至らず離脱してしまったことになります。その98%のユーザーに対して、広告を掲載するのが「サイトリターゲティング」です。

ストアに訪問したと言う事は、取扱商品に少なからず興味がある、購入意欲が高いユーザーと言えるので、見込みの高いユーザーの取りこぼしがないようにしっかり追いかけるようにしましょう。

サイトリターゲティングで効果を出すなら、「購入しなかったユーザー」にアプローチ

Yahoo!ショッピング出店者様向け限定機能

サイトリターゲティングでは、「ターゲットリスト一覧」でYahoo!ショッピングの出店者様専用の広告配信対象をあらかじめ設定しています。広告の掲載目的に合わせて、最適なターゲットを選択してください。

No. ターゲットリスト名 広告配信対象
1 マイストア カート投入(未購入) ストアのカートに商品を入れたことがあり、かつ、購入には至らなかったインターネットユーザー
(過去90日間)
2 マイストア 購入履歴あり ストアで購入したことがあるインターネットユーザー
(過去90日間)
3 マイストア カート投入 ストアのカートに商品を入れたことがあるインターネットユーザー
(過去90日間)
4 マイストア トップページ訪問 ストアのトップページに訪問したことがあるインターネットユーザー
(過去90日間)
5 デフォルトリスト Yahoo!ショッピングの自社ストア(マイストア)内に訪問したことがあるインターネットユーザー
(過去90日間)

「サイトリターゲティング」の始め方

通常のサイトリターゲティングでは、事前に対象になるページにサイトリターゲティング用タグを設置し、訪問履歴を蓄積する必要があります。しかし、Yahoo!ショッピング出店者様は、サイトリターゲティング用タグを設置する必要はなくYahoo!ショッピングの自社ストアに蓄積されている訪問履歴をそのまま利用して広告を表示できます。

1. サイトリターゲティングタグの取得

【Yahoo!ショッピング出店者様向け】Yahoo!プロモーション広告で最初に行うべき基本設定≪サイトリターゲティング≫

2. サイトリターゲティングの広告作成

【ステップ通りでらくらく設定!】サイトリターゲティングの始め方
「STEP 4 掲載する広告を作って広告掲載を始めましょう」から、ご覧ください。

Yahoo!ショッピング出店者様がYahoo!プロモーション広告で最初に行うべき基本設定

Yahoo!ショッピング出店者様の限定機能をご利用いただくには、3つの設定を行いましょう。
まとめてご覧いただく場合には、以下「はじめようガイド」をダウンロードしてご確認ください
「はじめようガイド」(PDF)をダウンロード

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。