皆さまこんにちは、池田です。

化粧品を商材に扱うお客様の頭を悩ます、大きな問題の一つ。
それは「薬機法」といっていいでしょう。

化粧品の広告については、薬機法により名称、製造方法、効能、効果または性能に関する表現規制が定められていますが(※)、ご自身のサイトのどの部分が抵触するのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

※)参照:東京都福祉保健局健康安全部 薬務課ウェブ サイト 広告基準 効能効果編(東京都福祉保健局のサイトにリンクします)

そこで健康食品での事例と同様に、化粧品でも、薬機法および弊社の広告掲載ガイドラインに抵触するのは主にどんな表現なのかを、具体的に確認できる事例をご用意しました。

  • 「審査に通るか不安…」
  • 「審査で落ちるたびにサイトを修正するのが大変!」
  • 「サイトのどこがダメなのか、事前に分かればいいのに…」

そんなお悩みをお持ちでしたら、まずはこの事例内を検索し、サイト内での表現や広告文の中で使用した表現と似た事例がないかをチェックしてください。スムーズな審査通過と広告掲載のために、ダウンロードしてご活用ください。

(2012/12/07 投稿者: 池田)

ダウンロード資料(PDF一覧)

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。
こちらで紹介した事例はあくまでも一例であり、掲載を保証するものではございません。