せっかく広告を掲載しても、クリックされなければ、インターネットユーザーは貴社サイトを訪れません。これでは、残念ながら広告出稿が失敗です。

掲載された広告がクリックされる割合「クリック率」を上げる方法をご紹介します。 「クリック率」が高くなれば、商品やサービスの購入や申し込みといった成約(コンバージョン)につながる確率も上がります。

クリック率を上げる3つの方法

  1. 1)広告文を工夫する
  2. 2)広告表示オプションを使う
  3. 3)広告の掲載順位を上げる

1)広告文を工夫する

インターネットユーザーは検索結果や広告を見て、瞬時に自分の探している情報に近いものを選別し、クリックします。
広告文はパッと見て、 インターネットユーザーの目に留まり、より詳しい内容を知りたくなる(クリックしたくなる)ものであることが望ましいです。

ひとつの広告グループの中で広告文を複数用意し、実際に出稿して、どの広告のクリック率が高いかをテストする(ABテスト)を繰り返すと、広告文に磨きがかかります。
効果に差が出る! 広告作り
クリック率の高い広告文はどっち? 答えはA/Bテストで

2)広告表示オプションを使う

「広告表示オプション」を使うと、広告の構成要素(タイトル、説明文、URLなど)以外の訴求したい情報を、掲載枠内に追加で表示できます。これにより通常よりも掲載枠が広がるため、インターネットユーザーの目に留まりやすくなり、クリック率向上が期待できます。
広告表示オプションには「クイックリンクオプション」と「電話番号オプション」「テキスト補足オプション」の3種類があります。

■広告表示オプション表示例(PC・タブレット) 広告表示オプション表示例

■広告表示オプション表示例(スマートフォン)
広告表示オプション表示例

「クイックリンクオプション」でダイレクトに誘導
検索画面から、1 クリックで問い合わせできる[電話番号オプション]
すぐできる!「テキスト補足オプション」でクリック率アップ

3)広告の掲載順位を上げる

一般的に、検索結果の最初のページや検索結果の上の方に表示される広告は、そうでない広告よりも多くのクリック数を得ることができます。同じ広告でも上位に表示された方が、クリック率は上がりやすいと言えます。
掲載順位は入札価格と品質インデックス(※)を上げることで、上昇が期待できます。

※品質インデックス
広告管理ツールに表示される「品質インデックス」は広告の掲載順位に直接影響を与えませんが、影響を与える「広告の品質」のは数値を確認できない指標のため、数値を確認できる品質インデックスをご紹介いたします。

入札価格を見直す
品質インデックスを上げるには

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。