「インプレッション損失率」とは?

インプレッションとは、広告が表示される機会のことで、広告管理ツールにはその回数が表示されています。また、インプレッション損失率とは、広告を表示する機会があったにもかかわらず、何らかの原因によって、広告が表示されなかった割合のことです。

例えば、インプレッション損失率が50%の場合、実際の広告表示機会が100回あったとしたら、50回しか広告が表示されなかった、ということです。

「インプレッション損失率(予算)」が発生している場合

「インプレッション損失率(予算)」の値が大きい場合。

キャンペーンに設定している予算額が、インプレッションに必要な予算額より低く設定されているため、広告の表示機会を損ねている状態です。このような場合は、キャンペーンに設定している予算を引き上げて、インプレッションの発生機会を増やしましょう。

インプレッションシェアとインプレッション損失率について(ヘルプ)

キャンペーン予算(日額)を増額する目安は?

ポイント

広告管理ツールでは、予算不足により広告の表示回数の損失が発生している場合、「1日の予算」欄の金額の前に「!」のマークが表示されます。

現在設定しているキャンペーン予算(日額)にインプレッション損失率を掛けて算出した金額を設定し、引き続きこまめに消化率をチェックしながら調整することで適正な予算金額を維持できます。

詳しくは、適切な予算設定で広告の配信機会を最大化をご確認ください。

2. お客様ご自身でキーワードを検討し追加する

「キャンペーン予算(日額)」の変更方法

キャンペーンの予算は「キャンペーン管理」タブから変更します。
「スポンサードサーチ」タブ、「キャンペーン管理」タブの順にクリックし、[キャンペーン]ボタンを押します。


スポンサードサーチのキャンペーン予算(日額)について(ヘルプ)

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。

記事カテゴリー

スマートデバイス

スマートフォン

プロモーション広告 商材・サービス

その他 ▼