Yahoo!プロモーション広告のラインナップ

Yahoo!プロモーション広告には、検索結果に広告を表示する「スポンサードサーチ」と、コンテンツページに広告を表示する「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)」、Twitter利用者に訴求する「Twitter広告」があります。

これらをうまく使いこなすには、自社で扱っている商材・サービスの特性と、インターネットユーザーのオンライン上の行動にあわせて、最適な広告を選択し、組み合わせることがポイントです。

広告の種類

広告サービス別に特長を理解し、自社の目的に合わせて最適なものを組み合わせましょう。

スポンサードサーチ

スポンサードサーチは、検索を利用した人に対して検索キーワードをもとに広告を配信します。広告は、Yahoo! JAPANの検索結果画面やその他大手の提携サイトに表示されます。

- こんな広告主様におすすめ!
スポンサードサーチは検索結果画面に掲載されるので、「自社の商材・サービスを検索している、すでに見込みのあるインターネットユーザーにアプローチしたい」という方におすすめです。具体的な名称で検索をしているインターネットユーザーは、購入や申し込みへの意欲が高まっているといえます。スポンサードサーチを活用し、自社で扱っている商材・サービスを検索しているインターネットユーザーを確実に獲得しましょう。

Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)

YDNは、Yahoo!ニュースやヤフオク!など、Yahoo! JAPANのサイト内やその他大手の提携サイトを閲覧しているインターネットユーザーに表示されます。

インターネットユーザーが検索以上に時間を費やしているのが、コンテンツページの閲覧です。YDNは、そのコンテンツページに広告を表示します。スポンサードサーチとYDNを併用することで、検索している時も検索していないときも広告を表示し、訴求対象となるインターネットユーザーへのリーチを増やすことができます。

また、目的別に広告サービスを選べるのもYDNの特徴です。それぞれの広告サービスについてみてみましょう。

インタレストマッチ
インタレストマッチは、インターネットユーザーが閲覧しているウェブページの内容や、ウェブページの閲覧履歴、検索履歴などをシステムで判別し、適切なインターネットユーザーを自動的に選んで広告を表示する広告掲載方式です。

-こんな広告主様におすすめ!
自社のサービス・商材を広く認知させ、新規顧客獲得を狙いたい広告主様におすすめです。インタレストマッチはインターネットユーザーに興味関心のある広告を自動表示しますので、自社のターゲットとなるインターネットユーザーに対して、商材を広く認知させることができます。さらに、使い続けるほどシステムの最適化が進み、マッチング精度が向上していきますので、ターゲットを決めかねている場合や、ターゲットを設定したもののあまりインプレッションが伸びないといった場合に適しています。

ターゲティング
ターゲティングは、インターネットユーザーの属性、興味関心、ウェブ上での行動で掲載条件を設定し、該当するインターネットユーザーに広告を表示する広告掲載方式です。複数のターゲティング機能を組み合わせて設定することも可能です。

属性によるターゲティング(年齢・性別・地域)
広告を掲載したいインターネットユーザーの年齢、性別、地域の条件を設定できます。

-こんな広告主様におすすめ!
属性によるターゲティングには、インターネットユーザーの属性情報をもとに広告を掲載できるメリットがあります。「30代の女性に広く認知してほしい」「対象地域のインターネットユーザーに広めたい」など、明確な条件によって絞り込んだインターネットユーザーに訴求したい場合に有効です。

サイトリターゲティング
サイトリターゲティングは、過去に特定のサイト(自社サイト)を訪れたインターネットユーザーに対して広告を配信できます。

- こんな広告主様におすすめ!
サービスの申し込みや商品購入を検討し始めている、成約の見込みが高いインターネットユーザーにピンポイントで訴求したい広告主様におすすめです。「サイト訪問履歴がある=商品に関心が高い=見込み顧客である度合いが高い」と考えられます。また、その類似ユーザーにも訴求できるため、高い成約効果を期待できます。

サーチターゲティング
サーチターゲティングは、特定のキーワードの検索したことのある顕在顧客にアプローチできます。

-こんな広告主様におすすめ!
インターネットユーザーが検索したキーワードを利用してターゲティングを行うため、「この商品を検索したことのある人に掲載したい」、「●●を検索したことのある人はこの商品にも興味があるはず」など、検索キーワードを元に広告を掲載したい広告主様におすすめです。検索を利用したインターネットユーザーが検索結果以外のウェブページを閲覧している時もアプローチすることができます。

プレイスメントターゲティング
プレイスメントターゲティングは、広告を配信するサイト(または配信しないサイト)を選択することができます。

-こんな広告主様におすすめ!
「このウェブサイトからきた人にはこの広告文を掲載したい」、「競合他社がプロモーションしているウェブサイトには掲載したくない」など、取り扱っている商品やサービスのプロモーション戦略にあわせて、広告を配信するサイト(または配信しないサイト)を選択したい広告主様におすすめです。

この他にも、「曜日・時間帯」、「デバイス」、「サイトカテゴリー」、「インタレストカテゴリー」と、さまざまなターゲティング機能があります。

Twitter広告

Twitter広告は、Twitterのタイムラインや検索結果、おすすめユーザー欄に広告を掲載できるサービスです。

スポンサードサーチ、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)と同様に、表示されたツイート広告に対するユーザーのアクションがあった場合にのみ費用が発生する課金方式です。ツイート広告の表示そのものには料金が発生しないため、ムダな費用がかかりません。

データで見るTwitter(ツイッター)

Twitter広告の3つのメリット

1. 高度なターゲティング
Twitterユーザーがフォローしているアカウント、ツイートしているキーワードに対して、興味関心、地域・性別・デバイス等さまざまなターゲティングが可能です。これにより顧客になる可能性の高いTwitterユーザーへのリーチが可能です。

ターゲティングで「Twitter広告」を極める!

2. Twitterユーザーへの拡散
Twitterユーザーのタイムラインに、フォローしているアカウントのような形で広告を配信することが可能です。そのため興味を喚起できればTwitterの特徴でもある「ユーザーによる拡散」が期待できます。 拡散により、大量のリーチ、潜在層へのリーチ、友人/知人経由の情報伝達が実現できます。

3. 課金方式 Twitter広告はキャンペーンの利用目的に応じた課金方式を採用しています。クリック、フォロー、リツイート、サイトへの誘導など、ツイートに対するTwitterユーザーのアクションに対して課金されます。また、課金はTwitterユーザーのアクションに対して初回のみ発生する仕組みのため、それ以降の拡散には課金されません。運用次第では、さらに費用対効果を高めることも可能です。

「Twitter広告」4つの料金メリット

Yahoo!プロモーション広告の効果を上げる「運用サポートツール」

Yahoo!プロモーション広告の運用に役立つツールをご紹介します。掲載中の広告の効果を最大化するために、それぞれのツールを有効にご活用ください。

Yahoo!タグマネージャー

Yahoo!タグマネージャーは、コンバージョン用、リターゲティング用、アクセス解析用など、マーケティング活動に欠かせない多様なタグを一括で管理できるため、今まで一つずつタグを挿入してきた運用時間を削減することができます。また一つの共通タグのみ設置することでページ表示を高速化できるため、スムーズな閲覧を可能にし、サイトからの離脱を防止する役目も果たします。

次のステップでは、目的に合わせた広告掲載方式の組み合わせについてご紹介します。

「広告の組み合わせと予算」へ続く

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。