生活者を取り巻く環境は、メディアの多様化により急激に変化しています。特にスマートフォンの普及により、インターネットの利用率が上昇。

自宅以外のさまざまな場所で情報収集することが可能になりました。

このような背景から、従来よりも、いつ、どこで、誰が、どんなメディアを利用しているかを把握することが難しくなってきました。

今回は、東京都と大阪府に暮らす20歳以上の男女を対象にした調査結果から、どの年代の人が、どのようなシーンで、どのメディアを利用しているかを紹介します。

年代や生活シーン別にインターネットユーザーの動向を把握し、「インターネット広告」の出稿を検討する際の材料としてご活用ください。

調査結果・考察の詳細を知りたい方は、【ダウンロード資料】「いつ、どこで、誰が、何を? 生活シーンにおけるメディア利用動向(PDF)(1,177KB)」をご覧ください。

Yahoo!広告に関して個別の電話サポートを実施しております

運用に関するご相談などお気軽にご相談ください。こちらからご連絡いたします。
「ご相談予約フォーム」からご連絡可能な日程をお知らせください。

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。