キーワードのマッチタイプとは

キーワード作成の際に重要となるのが、「マッチタイプ」の選択です。
「マッチタイプ」とはインターネットユーザーが検索窓に入力したキーワード(検索クエリー)がどのような形式の場合に広告を表示するかを決定するものです。「完全一致」「部分一致」「フレーズ一致」の3種類から選択できます。

次の図はマッチタイプの概念を簡単に説明したものです。左側のピラミッド型は検索クエリーに対する広告の表示機会の量を表しています。つまり、上から下に向かって、より広告の表示機会が多くなっています。
 

マッチタイプ

なぜキーワードのマッチタイプは部分一致にすべきなのか

「完全一致」での運用は、広告を配信する対象を意図せず狭めてしまいかねず、大きな機会損失を招いてしまう可能性があります。

そこで、まず「部分一致」を設定して広告の表示機会を広げ、その中から不必要な検索クエリーを「対象外キーワード」として設定するようにしましょう。対象外キーワードを設定すると、その語句を含む検索クエリーでは広告が表示されなくなるため、取り扱いのない商品・サービスに関する広告表示を減らすことができ、効率の改善に役立ちます。部分一致と対象外キーワードを組み合わせて設定すると、見込み客へのアプローチを最大化しながら、機会損失を防ぐことができるのです。

※マッチタイプの変更方法はマッチタイプの変更方法 ※対象外キーワードの選び方や運用のコツについては対象外キーワードを設定してコンバージョン率を上げるをご確認ください。

部分一致

「部分一致」には以下のようなメリットがあります。

  • 多くの見込み客に対して広く訴求ができる
  • 広告の表示回数を増やせる

マッチタイプを「部分一致」に設定すると、「入札キーワードの類義語や関連性のある語句で検索が行われた」際にも、広告が表示されます。

例えば、内祝いによく利用される記念品などのギフト商材を扱っているサイトの例で見てみましょう。入札キーワード『ギフト 内祝い』を部分一致に設定した場合、入札キーワードそのものを含まなくても、下記の図のように類似性のある検索に対して幅広く広告が表示されます。その際、自社商品やサービスの売り上げに結びつかない検索クエリーは、「対象外キーワード」に設定し、広告を表示させないようにしましょう。

この場合、具体的には、取り扱いのない「ハム」や用途が違う「お中元」を「対象外キーワード」に設定することで、ハムやお中元を含む検索クエリーには、広告が表示されなくなります。

※対象外キーワードについての詳細は対象外キーワードについてをご確認ください

完全一致

完全一致には以下のようなメリットがあります。

  • ピンポイントで訴求したい顧客に対して訴求できる

マッチタイプを「完全一致」に設定すると、「入札キーワードと検索クエリー(インターネットユーザーが検索窓に入力した語句)が一致した場合」に広告を表示します。限定された見込み客に訴求できる一方で、予測できない検索クエリーに対しては広告が表示されず、広告の表示回数は制限されます。見込み客の取りこぼしにもつながる可能性がありますので、完全一致での運用には注意が必要です。

すべてのキーワードを完全一致で登録しようとすると、多数のキーワード登録を行わねばなりません。そのため、管理が大変になるだけではなく、不要なキーワードの削除にも手間がかかり非効率です。マッチタイプを完全一致に設定するのは、あくまでも限定された見込み客に対してアピールしたい場合に限定しましょう。

※検索の意図に影響しないキーワードの違いの場合(誤字脱字、複数キーワードで語順が異なる場合やスペースの有無など)は、広告表示の対象になります。
※漢字・ひらがなカタカナの違いや変換ミス、省略形など表記が違う場合でも、システムにより検索クエリーと入札キーワードが同じであると判断した場合は、広告表示対象になります。表記違いによる広告の表示例はこちらをご覧ください。

フレーズ一致

フレーズ一致では、「入札キーワードと完全に一致するフレーズが、検索クエリーの中に語順通りに含まれた場合」に広告を表示します。
フレーズ一致では、完全一致よりややターゲットを広げた、特定の見込み客にアピールできます。例えば、下の図のように、入札キーワードがそのまま同じ語順で含まれる検索クエリーであれば、広告が表示されます。

絞り込み部分一致

最後に、「部分一致」の拡張機能の「絞り込み部分一致」について説明しましょう。「絞り込み部分一致」は、「部分一致」よりも絞り込みつつ、「フレーズ一致」よりは幅広い見込み客にアピールしたい時に、効果的なマッチタイプです。

マッチタイプを「絞り込み部分一致」で設定する場合は、「部分一致」で設定したキーワードの一部の語句の前に、半角の「+(プラス)」記号を付けます。そうすることで、 「+」記号がついた語句に関しては、その語句自体か、わずかな言葉の「揺れ」、例えば、タイプミスや送り仮名の違いなど類似したパターンの検索にも広告が表示されるようになります。逆に、「+」記号をつけない語句は通常の「部分一致」の設定となり、類義語や関連性のある検索に対して広く広告が表示されます。

具体的には、『ギフト 内祝い』というキーワードの『内祝い』の部分に「+」記号を付けて入札した場合、広告が表示されるのは『内祝い』か、下の図のよう に送り仮名違いの『内祝』が含まれる検索クエリーだけです。一方、「+」記号を付けなかった『ギフト』は「部分一致」となるので、『プレゼント』などの類義語で検索された場合にも広告が表示されるようになります

設定した「曜日・時間帯ターゲティング」をどう見直すか

曜日・時間帯別の実績は、「アカウントレポート」から確認できます。広告管理ツールの「広告管理」タブの中にある「レポート」タブから、「アカウントレポート」をダウンロードして、曜日、時間帯ごとのコンバージョン率を確認しましょう。 コンバージョン率の低い曜日や時間帯は、広告配信の停止や入札価格の調整などの見直しを行いましょう。一般的に、B to Cの場合は、土日と夜間のコンバージョン率が高く、B to Bの場合は、平日と日中のコンバージョン率が高くなる傾向があります。「予算に余裕がないので、コンバージョン率のいい時間帯に絞って広告を配信する」など、あなたのアカウントに適した広告配信を考えてみましょう。

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。