広告文に検索クエリーが含まれるとどんな効果があるのか

Yahoo!プロモーション広告で成果をあげるためには、広告文の品質が非常に重要です。広告文の良し悪しはクリック率を左右し、品質に影響を及ぼします。さらには、コンバージョン率に響くケースも少なくありません。
例を挙げてみましょう。下の広告をご覧ください。あなたが徳島のマンションを探していて、「徳島 マンション」で検索したら、 広告AとBどちらをクリックしたいと思いますか。

広告例

おそらくほとんどの方が「広告B」を選択するのではないでしょうか。この例からもわかるように、検索キーワードが広告文に含まれていると、太字で表示されるため、検索ユーザーの視覚に訴えてクリック率が高まる傾向があります。さらに、タイトルと説明文の両方にキーワードが含まれている場合、検索ユーザーが広告をクリックする可能性は、そうでない場合と比較して、5割近くも高くなると言われています。

キーワード自動挿入機能

クリックされやすい広告文を作成する際に便利な機能があります。それは、「キーワードの自動挿入機能」です。この機能を使うと、登録しているキーワードを広告文(タイトル、説明文)に自動で挿入できます。例えば、商品名をキーワードに登録している場合、それぞれの商品名を含んだ広告を表示できます。

なお、キーワードの自動挿入機能を利用する場合は、「補完テキスト」を設定します。キーワードが自動挿入された広告文が、制限文字数を超えてしまう場合には、キーワードの代わりに補完テキストが広告文に表示されます。

キーワード自動挿入機能
キーワード自動挿入 広告例

ご注意

  • すでに登録されている広告文に関しては、キーワードの自動挿入機能を適用することはできません。既存の広告文でキーワードの自動挿入機能を利用したい場合には、同じ広告グループ内にキーワードの自動挿入機能を追加した広告を新たに作成し、審査を通過して掲載がスタートしてから、既存の広告をオフにしてください。
  • 広告が掲載される際に、キーワードを自動挿入するか補完テキストを挿入するかは、弊社システムで判断しております。あらかじめご了承ください。

キーワードの自動挿入機能が適しているケース

キーワードの自動挿入機能を利用すると特に効果的と思われるのは、商材やサービスの提供地域が細かく分かれているケースです。

例えば、不動産会社のキャンペーンを例にとってみましょう。取り扱っている商材がマンションと一戸建てだとすると、「○○県のマンション」「XX県の一戸建て」のように、商材の訴求に地域名は欠かせません。

そのような場合、下記の図のように、キーワードの自動挿入機能を使うと、商材ごとに広告を作成する必要がないため作成の負担が減るとともに、広告グループをキーワードごとに分けずに済むため、管理もしやすくなります。

なお、検索結果ページにおける検索ユーザーの視点は「左上」に集中すると言われているため、検索キーワードをタイトルや説明文の先頭に含めるのも、効果的です。

「いかに広告の運用負荷を下げつつ、効果を上げるか」という課題解決策の1つとして、キーワードの自動挿入機能をご活用ください。
キーワードの自動挿入機能の設定方法

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。