2月に検索数の上昇が予測されるキーワード

「2月に検索数の上昇が予想されるキーワード」を紹介します。
2月は「バレンタインデー」「ホワイトデー」「節分」「ひな祭り」などのイベント関連のキーワードが多く検索されます。また、ファッションやグルメなどの検索を見ると、消費者の興味関心は早くも春に移っている様が感じられます。ユーザーが情報を欲している時期を逃さずに訴求できるように、準備をすすめましょう。

※前年のデータを基に、パソコンとスマートフォンで検索数の上昇が予想されるキーワードをランキング形式でご紹介します。デバイス間の違いにも注目してみましょう。

主な行事と商機があるジャンルおよび検索されるキーワード
・季節の行事/イベント
 「節分」関連
 「バレンタインデー」関連
 「ホワイトデー」関連
 「ひな祭り」関連
・趣味/嗜好
 「旬のグルメ」関連
 「ファッション」関連
・シーズナリティー/その他
 「卒園・卒業・入園・入学・就職」関連
 「引っ越し・新生活準備」関連
 「国内・海外旅行」関連
 「疾病対策」関連

【ダウンロード資料】 - 2017年2月の検索トレンド予想をご覧下さい。

検索動向を広告の成果につなげる方法

インターネットユーザーの動向がチェックしてそれで終わりでは、勿体ありません。広告の集客で使えそうなキーワードがあったら、すぐに設定しましましょう! 用途は大きく分けて2つあります。

(1)広告の配信対象を広げるために、キーワードを追加

たとえば、スポンサードサーチを運用中の広告主様で、自社のサービスに関連の深いキーワードが良く検索されていることがわかったら、そのキーワードを既存の広告グループに追加しましょう。そうすることで、追加したキーワードで検索している人も、新たな広告の配信対象として取り込めます。
(例)
ファッション通販サイトを運営しているA社様
検索動向を元に、夏は「水着」「Tシャツ」「タンクトップ」などを追加し、冬は「コート」「マフラー」「ダウン」などを追加するなど。

(2)広告のクリック数を増やすために、広告内にキーワードを追加

よく検索されているキーワードをテキスト広告の一部やバナー広告の中に追加してみましょう。そうすることで、そのワードに興味を持っている人たちの目にとまりやすくなり、クリック数アップを期待できます。
※ただし、よく検索されているからと言って、関連のない広告にいれても逆効果になってしまいますので、注意してください。
(例)
旅行ツアーの検索サイトを運営しているB社様
  「年末 ツアー」など検索が増えていることがわかったら、テキスト広告の「タイトル」や「説明文」に「年末ツアー特集」といれて、該当のページに誘導するなど。

≪具体的な設定内容≫

(1)広告の配信対象を広げるために、キーワードを追加
●スポンサードサーチ……各広告グループで、キーワードを追加

●Yahoo!ディスプレイアドネットワーク……「サーチターゲティング」機能を利用している広告で、「サーチキーワードリスト」にキーワードを追加

●Twitter広告……「ターゲティング設定」でキーワードを追加


(2)広告のクリック数を増やすために、広告内にキーワードを追加
●スポンサードサーチ……新規広告を作成し、利用したいキーワードを広告の「タイトル」や「説明文」に追加

●Yahoo!ディスプレイアドネットワーク……作成済の広告で、利用したいキーワードを広告の「タイトル」や「説明文」に追加

●Twitter広告……作成済の広告で、利用したいキーワードを広告の「タイトル」や「説明文」に追加

ダウンロード資料(PDF一覧)

※2016年1月~2016年2月の検索データを基に作成しております。掲載しているキーワードは、予測も含まれており実際の検索キーワードを保証するものではありません。

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703平日9:00〜18:00(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。